チューリング社、千葉県で法人向けに自動運転車の試乗会を開始

SHARE:

自動運転車両の開発・製造のための協業を加速

人工知能による自動運転システムとEV車両の開発に取り組むTURING株式会社(千葉県柏市、代表取締役:山本一成、以下「チューリング社」)は、自動運転車両の開発・製造の協業加速を目的に、自動運転車両の試乗会を開始致しました。試乗会を通してチューリング社の製品・技術力に触れていただくことで、AI自動運転技術に関する協業をさらに加速してまいります。

試乗会を行う背景

チューリング社はこれまで千葉県公道・北海道公道などでAI自動運転システムの走行試験・実証実験を行ってまいりました。これに並行して、日本自動車研究所所有の城里テストセンター内での高速走行試験・耐久性試験にも取り組んでまいりました。これらの開発工程を経たチューリング社の自動運転技術・自動運転機能付き車両を実際に体験していただくことを目的に、法人向けの自動運転試乗会を2022年11月より行います。

デモ車両のイメージ:センサとしてカメラを採用。車体デザイン性も損なわない

PR TIMESで本文を見る