Nottaを運営するNotta株式会社が約14億円の資金調達。世界的なセキュリティ・コンプライアンス水準である『SOC 2 Type I』認証も取得!

SHARE:

Notta株式会社(東京都中央区、代表取締役:張岩、以下「Notta株式会社」または「当社」)は、このたび、総額約14億円(1000万USD)の資金調達を行いました。引受先としては、アジアに特化した投資大手ヒルハウスのベンチャーキャピタル部門であるGL Venturesが主導し、Linear Capital、CDH Capital、日本の上場AI企業PKSHAと資産管理企業SPARX Groupが設立したPKSHA SPARX Algorithm Fundが参加しました。
2020年に設立されたNottaは、会議の会話を音声からテキストに録音、文字起こし、編集、共有するオンラインソフトウェアサービスや、その他のオフィスコラボレーションSaaSツールの提供事業に従事しています。技術系企業、航空会社、大学、病院、保険会社、法律事務所、そして宗教法人といった「想定外」の顧客など、社会のあらゆる側面からNotta(ノッタ)が利用されています。

PR TIMESで本文を見る