「Patentfield」API連携サービスの提供を開始

SHARE:

APIで特許検索・分析が可能に!

Patentfield株式会社(本社:京都市西京区、共同CEO:村上直也、石津孝祐)は、『AI特許総合検索・分析プラットフォームPatentfield』のオプションサービスとして、新たにAPI連携サービスをリリースします。
PatentfieldのAPI連携サービスは、情報参照だけではなく、特許検索機能をはじめPatentfieldの各機能をAPI経由で連携することで、社内で運用しているグループウェアへの組み込みや、特許検索・分析の独自アプリケーションの開発が可能になります。
AIセマンティック検索やAI分類予測などのAI機能や、PFスコアや類似キーワードの取得などPatentfieldの多彩な機能を利用して、特許に関わる社内のニーズに合わせて最適なワークフローやアプリケーションを構築できます。

活用シーン

1.グループウェアやチャットツールとの連携
社内で運用しているグループウェアやチャットツールに特許検索機能を組み込むことで、誰でも手軽に特許検索が可能になります。AIセマンティック検索機能では、文章で特許検索ができるため、特許の専門的な知識がなくても、思い立ったときに文章を入力して関連特許を調べることでき、グループウェア/チャットツール上で簡単に情報共有できます。

2.エクセルで社内分類の自動付与
エクセルに表示されている公報番号リストに対して、Patentfieldに保存されている教師データをAPIで呼び出して、直接エクセル上にAI分類予測結果の「予測ラベル」と「予測スコア」を書き込みすることができ、Patentfieldの立ち上げを必要とせず効率的なワークフローを実現できます。

3.検索式作成補助の独自アプリケーション
Patentfieldの集計機能により、検索式作成に必要な特許分類やキーワードを簡単に調べる検索式作成補助アプリケーションを開発できます。例えば、調査テーマに関連する公報番号で調査テーマに関連する特許分類(IPC/CPC/FI/Fターム)の集計ランキングを表示させる。さらに、任意のキーワードを入力して、類似キーワードリストを取得・表示させて、検索に不慣れな方でも適切な特許分類やキーワードの選定ができる補助アプリケーションを実現できます。

利用について

API連携サービスは、オプションサービスのため、Patentfield有料プランの契約が必要です。
API連携サービスの料金は、別途お問い合わせください。

Patentfield有料プランのご案内
https://patentfield.com/pricing

2022特許・情報フェア&コンファレンスに出展します
API連携サービスの詳細や、API連携サービスの無料トライアル等をご案内しておりますので、ぜひPatentfieldのブースにお立ち寄りください!
【2022特許・情報フェア&コンファレンス】
2022年11月9日(水)~11日(金)
場所:科学技術館(東京・北の丸公園)
URL:https://pifc.jp/2022/
*参加方法等の詳細につきましては、上記URLにてご参照ください。

Patentfieldについて
Patentfieldは、4つの機能(プロフェッショナル検索・データ可視化・AIセマンティック検索・AI分類予測)を組み合わせて、ワンストップで総合的な検索・分析ができる『AI特許総合検索・分析プラットフォーム』で、これまで高度な知識が必要とされてきた特許調査・分析業務を、初めての方でも使いやすく、かつリーズナブルにご利用いただけるサービスです。

PR TIMESで本文を見る