補聴器・耳鳴り診療における日本の第一人者の新田医師と、聴覚脳神経科学のneumoが共同で聴覚測定・聞こえのチェックを行っていくことに同意

SHARE:

認知症の最も大きな危険因子は難聴。耳の衰えのチェックをオンラインで展開します。予防や改善アプリも開発予定。

済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科 主任診療科長・聴覚センター長 新田清一(慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室客員講師、以下新田医師)と株式会社neumo(代表取締役:若林 龍成、以下neumo)は、聞こえのチェックを共同で行っていくことに同意しましたのでお知らせします。また、聞こえを改善するソリューション開発も行います。
補聴器診療・耳鳴り診療の分野で臨床数日本一を誇る新田医師は、治らないと言われてきた耳鳴りを改善するする技術を開発。難聴治療でも、聞こえの力を補聴器で最大限に引き出す画期的な手法(宇都宮方式聴覚リハビリテーション)を開発しました。

neumoは脳神経科学を応用し、脳波を用いて脳を鍛えることで音感を高めるサービスや、脳波を使わずアプリを使って脳を鍛えることで音感を高めるサービス開発などを進めてきました。スタンフォード大学やUCLA、京都大学など、内外の研究者と共同での研究も行っています。

今回、neumoは聴覚脳神経科学の知見を活かし、ウェブ上で聞こえのチェックを行うシステムを開発しました。このシステムを用い、新田医師とneumoは、聞こえのデータ収集をオンラインで行っていくことに同意しました。また、より精度の高い優れた聴覚測定法の開発も予定しています。

さらに、加齢性難聴や難聴予備軍、若年層にも見られる突発性難聴や、補聴器を使われる方などに対して、新田医師の臨床における知見と、neumoの脳神経科学の知見を融合し、聴覚の衰えの予防・改善に役立つアプリ(ウェブアプリを含む)の開発も行っていきます。

neumoでは、聞こえのチェックや予防・改善アプリに関して、他社との連携も積極的に行っていきます。例えば、自社内でのアプリの利用、あるいは自社サービスへのアプリの組み込みや連携など、新しいサービスや事業をご検討されている方は是非活用をご検討ください。共同研究なども受け付けております。

ご興味のある方は下記よりneumoまでお問合せください。
https://neumo.jp/171978/

PR TIMESで本文を見る