【大学71校、511チームの学生達から選抜】バングラデシュ国内最大級ハッカソンコンテスト「CODE SAMURAI 2022」を12月20日-21日に開催

SHARE:

日本・バングラデシュ外交樹立50周年およびダッカ大学創立100周年記念イベント

CODE SAMURAI 運営委員会(代表:東京都港区、グローバルギークス株式会社 /代表取締役社長 明石 康弘)は、バングラデシュ国立ダッカ大学工学部コンピュータサイエンス工学科と共同で、バングラデシュおよび日本のIT産業の将来を担うITエンジニアの発掘と育成を目的に、ハッカソン形式(*1)のコンテスト“CODE SAMURAI 2022”(コードサムライ2022)をバングラデシュの首都ダッカで2022年12月20日から21日の両日で開催いたします。
<CODE SAMURAI 2022とは>
“CODE SAMURAI 2022”は、バングラデシュと日本のIT産業の将来を担う、若手エンジニアの発掘と育成を目的に企画されたバングラデシュ国内最大級のハッカソン(*1)コンテストです。

本コンテストに繋がる第1回“CODE SAMURAI 2019” は、2019年12月にバングラデシュ政府と日本政府関係機関の後援を受け、国内最高峰ダッカ大学の主催により開催されました。2020年、2021年に企画された第2回目のコンテストは、新型コロナの影響により実施することが叶いませんでしたが、今年は満を持して「日本・バングラデシュ外交樹立50周年およびダッカ大学創立100周年記念イベント」として開催いたします。

※(*1) ハッカソンとは、hack(ハック)+marathon(マラソン)の造語。ソフトウエア開発者などが、一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競う催しです。
コードサムライ2022

PR TIMESで本文を見る