パーセフォニ、国内法定レポートに対応した新機能をリリース

SHARE:

GHGプロトコルなどの国際温室効果ガス算定スタンダードに沿った排出量データ管理・算定に加え、日本の省エネ法や温対法などの定期報告書作成時に必要な各種エネルギーデータの管理を可能に
 2022年11月8日 – 企業、金融機関、政府機関向け気候管理・炭素会計プラットフォーム(CMAP)のリーディングカンパニーである米パーセフォニは、日本国内のユーザーに向け、国内法令に関連す...

PR TIMESで本文を見る