AI総合研究所NABLAS (株) 、Stable Diffusion対応のAI生成画像判別システムを開発

SHARE:

フェイク画像・動画への対抗技術でファクトチェックに取り組む API形式での提供も

AI総合研究所として活動するNABLAS株式会社 (本社 : 東京都文京区本郷、 代表取締役 所長 : 中山 浩太郎、以下「当社」)は、AIによって生成された画像を判別するシステムを開発しました。最新の生成モデルであるStable Diffusionに対応しており、フェイク画像や動画に対抗する技術として、ファクトチェックなどの用途で活用し、社会問題の解決に取り組みます。

AIが生成した画像を判別可能なシステムを開発
最新モデル「Stable Diffusion」に対応
実写真のようなフェイク画像の検出を得意とする
画像に対してフェイク度を算出し、フェイク画像かどうかを判別する
ニーズに合わせたモデルの提供(API形式など)や相談が可能

■モデルの概要
この度開発したAI生成画像の判別システムは、画像生成AI「Stable Diffusion」によって生成された画像を判別する事が可能です。本モデルは実写真のようなフェイク画像の検出において高い性能を発揮しており、フェイクニュース対策やファクトチェックなどの用途での活用が期待されます。当社独自の検知技術を用いて算出されたフェイク度(0~1の範囲で表され、0.5以上がフェイクと見なされます)によってフェイク画像の判別をし、人間の眼ではリアルかフェイクの判別が困難な画像でも高精度に検出します(以下画像を参照)。

PR TIMESで本文を見る