IoTスタートアップMODE、富士通の「行動分析技術Actlyzer」に対応

SHARE:

AI映像解析を活用した現場DXを実現するビジネス共創を目指す

シリコンバレー発のIoTソリューションを提供するMODE, Inc.(本社:アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンマテオ、CEO:上田 学、以下、MODE)が提供するIoTプラットフォームは、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁、以下、富士通)の「行動分析技術Actlyzer」に対応しました。
今後、MODEは、「行動分析技術Actlyzer」とMODE IoTプラットフォームを活用した、産業、流通、建設、運輸、警備等の各業種顧客とのPoCを富士通と共同で実施し、AI映像解析を活用した現場DXを実現するビジネス共創を目指します。

PR TIMESで本文を見る