スマートニュース子会社、地域などコミュニティに根ざした事業者が固有の物語や文化をNFTゲーム化してコンテンツ事業を行えるサービス「Tales & Tokens」を提供開始

SHARE:

“コミュニティ資源”が流通する新たな市場の創造を目指す

~ ユーザーは自治体のふるさと納税などを通じてNFTを取得。ユーザーと事業者、コンテンツクリエイターの新たなコミュニティづくりを支援 ~
スマートニュースの子会社であるスマニューラボ(東京都渋谷区)は11月24日、地域などコミュニティに根ざした事業者が、自分たちのコミュニティに固有の物語や文化などの「コミュニティ資源」をNFTゲーム(※1)化し、コンテンツ事業を行えるサービス「Tales & Tokens」(テイルズ・アンド・トークンズ)の提供を開始します。

(※1)本サービス「Tales & Tokens」では、ブロックチェーン技術を利用したゲームのうち、FT(Fungible Token = 代替可能トークン)を用いず、NFT(Non-Fungible Token = 非代替性トークン)のみを使うものを「NFTゲーム」と呼び、本サービスを通じて創作できるものにします。

PR TIMESで本文を見る