One Concern、Plug and Play Japan 第四期 Smart Cities アクセラレータープログラムにて採択

SHARE:

2022年12月1日、東京– レジリエンス分析テクノロジー企業であるOne Concern, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、以下「One Concern」)は、Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)の第四期Smart Cities(スマートシティ)領域におけるオープンイノベーションを促進するアクセラレータープログラムに採択されました。

Plug and Play Japan Smart Cities アクセラレータープログラムは、企業パートナーと国内外のスタートアップ企業を結び、新たなイノベーションを創出することを目的とする約3ヶ月間のプログラムになります。One Concernはこのプログラムにおいて、関連事業者との協働によりレジリエントな街づくりに資するユースケースを開発し、Smart Cities領域においてイノベーション促進に貢献します。

PR TIMESで本文を見る