プロディライト社との協業による日常の通話内容からストレスチェックができるソリューションをリリース

SHARE:

株式会社プロディライト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:小南 秀光、以下プロディライト)と、株式会社Empath(本社:東京都渋谷区、共同代表:下地 貴明、山崎 はずむ、以下Empath社)は、両社のコラボレーションにより開発した音声感情解析ソリューションの提供を開始します。
このソリューションは、Empath社のメンタル・コンディションを可視化する技術を電話に応用したもので、日常の通話における音声からユーザーの元気度をはじめ、ストレスチェックを行うことができるもので、すでに1,200社以上、25,000以上のユーザー利用実績(※1)があるクラウド電話システム「INNOVERA(イノベラ)」のオプションサービスとして2022年12月1日に無償トライアル版のリリースします。

■サービスリリースの背景
昨今、企業における人手不足が叫ばれる中、離職防止のために従業員の満足度を正しく把握し、エンゲージメントを向上させることが企業にとっての喫緊の課題です。一方で、テレワーク・リモートワークが定着しつつありこれまでの働き方が変わる中、それぞれが離れた場所で働く従業員一人一人のメンタルやストレスチェックなどを行うことが容易ではなくなってきています。テレワーク・リモートワークを通信、電話の分野から支え続けてきたプロディライトは、これまで培ってきた電話システムに新技術を応用することで、この課題を解決する手段を模索してまいりました。

■本コラボレーションと新規性
今回コラボレーションしたEmpath社は、AIによる音声感情分析技術においてコールセンターシステムやWeb会議システムをはじめ、国内外で多数の実績があります。本件ではEmpath社の技術を活用し、オフィスで日常的に利用される固定電話・ビジネスフォンから取得した音声を解析することで、従業員エンゲージメントを測定する新しいサービスを展開していきます。

■提供するサービス概要
プロディライトが提供するクラウド電話システム「INNOVERA」のオプションサービスとして提供します(※2)。通話するアカウントごとに当オプションの選択が可能で、選択されたアカウントユーザの音声通話をもとに対象者の元気度をはじめとするストレスチェックを実施できます。

PR TIMESで本文を見る