会社員が自分だけのキャリアサポーターをつける時代に~キャリアに迷わないための、令和の新習慣~

SHARE:

ミートキャリアのサポート件数は前年比2倍超え ※1

岸田首相が「5年で1兆円の個人リスキリング支援」方針を示したように、会社が終身雇用で社員のキャリア形成を支援する時代から、個人が自分のキャリアを自分でつくる時代へ変わりつつあります。

こうした中、働く個人がお金を払ってキャリアサポーター(キャリア支援のプロ)をつける動きが広がっています。ミートキャリアではサポート件数が前年比2倍超えるなど、社外に自分だけのキャリア支援者を持つことが、令和の働く人の新習慣になっています。
会社員が自分だけのキャリアサポーターをつける時代に

PR TIMESで本文を見る