disguise のアプリケーション「Designer」が「r23」にアップデート。ツールキットを高効率に改善、より高い柔軟性で多彩なワークフローを実現。disguise Cloud で無料使用可能。

SHARE:

バーチャルスタジオや高度な映像演出を実現する「disguise(ディスガイズ)」 が、クリエイティブなプロジェクトにおいて、柔軟性と効率性を高めるアップデートを実施。

映像演出プラットフォームと拡張現実(xR)ソリューションのマーケットリーダーであるdisguiseは、基幹ソフトウェア「Designer」の最新バージョン「r23」をリリースしました。「Designer」は映像演出やバーチャルスタジオのデザインやシミュレーションができ、disguseのハードウェアと組み合わせることで実際の演出や制作を実現します。
この新リリース「r23」では “Live Action Volume” をはじめとする多数の改良により、Designerの使い勝手が向上し、クリエイティブなプロジェクトにおいて、柔軟性と効率性を高めました。ライブショーからバーチャルプロダクション、放送、固定設備まで、disguiseの広範な業界アプリケーションのすべての制作においてdisguiseソフトウェアの性能向上を実現します。

PR TIMESで本文を見る