ヘルステック研究所、PHRアプリ『健康日記』のマイナポータルAPI連携により、薬剤情報や特定健診情報の取得・閲覧が可能に 健康記録の一元化を加速

SHARE:

株式会社ヘルステック研究所(本社:京都市左京区、代表取締役:阿部達也、以下、ヘルステック研究所)が無償で提供する生涯PHR(Personal Health Record)アプリ『健康日記』が、政府が運営するマイナポータルAPIとの連携により、予防接種歴に続き、新たに薬剤情報及び特定健診情報の取得・閲覧が可能になりましたので、お知らせいたします。
これにより、『健康日記』内での個人の健康記録の一元化がより一層加速することとなります。

■マイナポータルAPI連携の目的
この度のマイナポータルAPI連携により、新たに薬剤情報及び特定健診情報の取得が可能になり、すでに連携済の予防接種履歴に加えて、『健康日記』への手入力の手間が軽減されることとなりました。
すでに『健康日記』で有している歩数や体重、血圧などのライフログ管理機能にマイナポータルから取得したこれらの情報を加えて健康記録を一元管理しやすくすることにより、『健康日記』アプリ利用者一人ひとりの健康に対する意識・関心を高めます。
また、将来的には個人が自らの健康維持のため、これらの一元管理された健康記録を利活用できるサービス展開し、一人ひとりの健康維持と予防医療への貢献を目指します。

■連携開始日
2023年3月24日

■連携のイメージ

PR TIMESで本文を見る