介護向けBCP!企業のBCP活動をサポートするクラウドサービスCloudBCPが介護事業者(入居系)BCP策定機能を新規リリース!

SHARE:

企業の事業継続計画(BCP)の策定・運用をサポートするCloudBCPが、入居系介護事業者向けBCP策定の新機能を、2023年3月20日にベータリリース。新料金プランで提供。

CloudBCP株式会社(本社:大分県津久見市、代表取締役CEO:衛藤嵩史)は、昨今注目されているBCP(事業継続計画)の策定・運用サポートサービスCloudBCPに、入居系介護事業者のBCP策定機能をベータリリースしました。日本のすべての介護事業所では、2024年3月中にBCP策定することが義務化されています。

本機能では、アンケートに回答するだけで入居・入所介護事業者の感染症向けBCPを生成。介護業界BCPの専門家の監修を受けたBCPを作成でき、監査に備えて印刷用BCPも生成されます。またクラウドを使ってシステムは構築されており、災害時にも堅牢なシステムとして提供されます。本機能は2023年3月20日よりベータ提供を開始します。
昨今の気候変動による自然災害の激甚化や、コロナ禍をうけ、BCP(事業継続計画)の重要性が高まっています。企業を取り巻く環境やアクシデントは多様化し、アクシデント発生時に迅速かつ適切な対応を取ることができるかという課題は、アクシデント発生後の事業継続性に大きく影響します。

CloudBCPはBCP(事業継続計画)・BCM(事業継続マネジメント)を簡単にし、机上の空論にとどまらず実際に活用できるBCP活動を行えるよう、経営者をサポートしています。

また、感染症拡大を背景にBCPの重要性の高まりを受け、介護事業所では2024年3月までに、BCPを策定することが義務化されました。しかし、介護事業者は複数の介護事業所を運営しており、介護事業所には運営形態の大きく異る複数のタイプがあります。1つのBCPではすべてをカバーすることができず、複数のBCPを策定する必要があり、策定の手間が膨大で対応しきれないという問題があります。

CloudBCPは、2023年3月20日、介護事業者向けBCP策定機能のベータ版として、入居・入所系介護事業所の感染症向けBCP策定機能をリリースしました。

https://www.cloud-bcp.com

・新機能の概要

介護事業者向けBCP策定機能

アンケートに回答するだけで、介護BCPの専門家監修のBCPが生成されます。作成されたBCPは簡単に修正でき、また監査に備えてBCPを印刷することができます。

PR TIMESで本文を見る