シナモン AI、新たなAIソリューション「ナレッジハブ」を本格展開 ~保険査定や製造の保安業務など、分野固有の専門知識に対応~

SHARE:

ナレッジグラフ を用いた『個社特化型の大規模言語モデルの生成と活用』実用段階へ

国内の大手企業へAI(人工知能)ソリューションを提供する株式会社シナモン(本社:東京都港区、代表取締役Co-CEO:平野未来 / 以下、シナモンAI)は、『個社特化型の大規模言語モデルの生成と活用』に関して、これまでの実用研究から実用段階へ移行し、既存のAIモデルを組み合わせた新たなAIソリューション「ナレッジハブ(Knowledge Hub)」を本格展開します。
現在、ChatGPT(米OpenAI)に代表される大規模言語モデルを応用した生成系AI(ジェネレーティブAI)は、世界的なブレイクスルーが起きており、企業導入や新たなサービス展開などに注目が集まっています。シナモンAIでは、同領域のAIソリューションにおいて、ナレッジグラフ*を用いることで、専門性の高い分野でも、より ”高い説明性” が実現する自然言語処理の研究開発に取り組んできており、この度実用段階へ移行することを決定しました。
*様々な知識(ナレッジ)を体系的に連携し、グラフ構造で知識ネットワークを生成する技術

「ナレッジハブ」のイメージ

PR TIMESで本文を見る