Skeetのマルチプラットフォームアプリ開発テンプレート(React Native)がリリース

SHARE:

TypeScript フルスタックサーバーレスフレームワークの Skeet について、マルチプラットフォームアプリ開発テンプレート(React Native)がリリースされたことを発表しました。

React Native は、Meta (Facebook)社 が開発したモバイルアプリケーション開発フレームワークで、JavaScript(TypeScript) と React を使って、iOS、Android、Web などの複数のプラットフォームでのアプリケーション開発を簡単に行うことができます。React Native は、ネイティブのコンポーネントを使用するため、高速でスムーズなアプリケーションの開発が可能です。また、React Native は、Web 及び iOS と Android のアプリケーション開発の際に、プラットフォームごとにコードを書かなくても済むため、効率的な開発が可能になります。

Skeet は、React Native を採用したフレームワークであり、Google Cloud のサービスと統合されています。Skeet を使うことで、アプリ開発者は、Google Cloud のサービスを簡単に利用して、高品質なアプリケーションを迅速に構築することができます
ELSOUL LABO B.V. (本社: オランダ・アムステルダム、以下エルソウルラボ)は、TypeScript フルスタックサーバーレスフレームワークの Skeet について、マルチプラットフォームアプリ開発テンプレート(React Native)がリリースされたことを発表しました。

TypeScript サーバーレスアプリケーションフレームワーク "Skeet": https://skeet.dev/

マルチプラットフォームアプリ開発テンプレート(React Native)

PR TIMESで本文を見る