防災ベンチャーKOKUA、自分に必要な防災グッズが1分でみつかる新防災サービス「pasobo(パソボ)」の改善に向けたインクルーシブデザインワークショップを実施

SHARE:

pasobo(パソボ)では、災害時要配慮者となる方々から意見やアイディアを募集することで、誰ひとり取り残さない防災対策の実現を目指します。

自分に必要な防災グッズが1分でみつかるパーソナル防災サービス「pasobo(パソボ)」を運営する株式会社KOKUA(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 泉勇作 疋田裕二)と、インクルーシブデザインを活用したさまざまなプロジェクトを展開する特定非営利活動法人Collable(所在地:東京都文京区、代表理事:山田小百合)は、2023年4月22日に「防災をアップデートするインクルーシブデザインワークショップ」を実施します。

今回実施する防災をアップデートするインクルーシブデザインワークショップについて

実施背景
近年、地震や台風、洪水などの自然災害が頻発しており、災害時に要配慮者となる障がいのある方の支援が求められています。しかし、従来の防災対策は、障がいのある方のニーズを十分に考慮できていない状況です。
そこで、障がいのある方と共に、災害時におけるインクルーシブな防災対策を考えるため、本ワークショップを実施します。車いすを利用している方、視覚障がいのある方、聴覚障がいを持つ方など、様々な障がいを持つ方々に参加してもらい、リアルな意見を取り入れることで、障がいのある方々も含め、誰もが安心して利用できるサービスの実現を目指しています。

ワークショップイベント概要
イベント名:防災をアップデートするインクルーシブデザインワークショップ
実施日:2023年4月22日(土)
内容:
今回は「避難所」をテーマに、日々の生活と避難所での生活の違いを比較しながら、避難所生活を想定した防災の対策と避難所環境のアイデアを考えます。様々なニーズのあるリードユーザーの視点から、普段気づき得ないような防災をアップデートするための視点を集め、アイデアにしていきます。 (※リードユーザーとは:インクルーシブデザインにおいて、気づきを導いてくれる存在となるパートナーを指します。デザインの初期段階から多様なニーズのある人を巻き込み、ヒアリングや観察から活動をともにすることで、普段とは異なる視点を場に与えてくれる役割を担っていただきます。障がいのある方にお願いすることが多い役割です。)

PR TIMESで本文を見る