福祉施設の運営をスマートに。就労継続支援事業所向け業務効率化サービス【Rakuco(ラクこ)】が就労継続支援B型に対応!3月28日(火)より提供開始。

SHARE:

Curip株式会社(本社:東京都千代田区)が提供する、就労継続支援事業所向け業務効率化サービス【Rakuco(ラクこ)】は、新たに「就労継続支援B型」に対応しました。2023年3月28日(火)より提供を開始いたします。

背景

就労支援事業者様が日々行っている業務は、国保連への請求業務をはじめとして多岐にわたります。事務作業の多くは書類を作成する必要があり、これらを作成するためには個人情報や日々の活動記録など、多くのデータを記録・管理する必要があります。 このようなデータの管理や書類の作成に多くの工数が割かれてしまうことは少なくありません。事業者様のこのような悩みを解決するために、日々のデータ管理から書類作成までの業務を一気通貫で行い、業務効率を向上させることができるサービス「Rakuco(ラクこ)」の販売を開始しました。

Rakuco(ラクこ)とは

「Rakuco(ラクこ)」は、簡単操作で勤怠管理から国保連請求、報酬改定など自動化させ、面倒な事務作業の工数を大幅削減します。シンプルかつ直感的でわかりやすい画面となっており、どのような方でもすぐに使い始めることができます。

Rakuco(ラクこ)の主な機能

1. 勤怠管理機能:日々の勤怠を記録、テレワークにも対応しており場所を選ばず勤怠管理
2. 業務日誌作成機能:日ごと、月ごとに業務日誌を簡単に作成、サマリー画面で利用状況を把握
3. 個別支援計画作成機能:個別支援計画を簡単に作成、わかりやすく管理
4. 請求帳票作成機能:ワンクリックで請求時に必要な書類を自動で作成
5. 事業所管理機能:複数の事業所をボタン一つで切替え、ひとつのアカウントで複数の事業所を管理
6. アセスメントシート作成機能:必要な支援の内容や背景などを作成し一元管理

PR TIMESで本文を見る