【ACA×オーバル】土地活用のマッチングプラットフォーム開発へ向け業務提携

SHARE:

株式会社ACA(本社:東京都新宿区、代表取締役:萩田宗太郎)は、株式会社オーバル(本社:静岡県浜松市、代表取締役:佐野康司)と業務提携を締結、建設・不動産業界を対象として、土地活用のマッチングプラットフォームの開発をスタートすることをお知らせ致します。なお、同社は株式会社小澤建材(本社:静岡県周智郡、代表取締役:小澤清)の子会社で土地とテナント事業者を結び付けるマッチング事業を目的として2023年3月に設立しました。
◆提携の背景
株式会社ACAは土地とテナント事業者を結び付けるマッチング事業を目的として2023年3月に設立、関東圏をはじめとして中部、関西圏で営業活動を開始しました。一方、株式会社オーバルは土地活用型の民間建築の企画・設計・施工を手掛けており、全国の建設会社に対し土地活用型の営業支援システムの開発・販売・運用ノウハウを有しています。
建設・不動産業界では日常的に土地とテナント事業者のマッチング業務が行われていますが、その多くは属人的手法によるためマッチングの量や精度に限界があり、テナント事業者誘致を通じた地域活性化の機会損失に繋がっています。そこで両社はそれぞれの持つ強みを活かし、更なるマッチング機会の創出に向けたプラットフォームサービスの開発を共同で行うこととしました。

◆提携の内容
プラットフォームサービスの第一弾として、建設・不動産業界を対象としたマッチングシステムの開発をスタートさせました。建設・不動産会社、テナント企業の2社をユーザとして、システム上でマッチングが完結出来る仕組みを提供し、建設・不動産会社に対してはマッチング業務の効率化を通じた受注機会の向上を、テナント企業に対しては多くの土地情報の紹介をタイムリーに受けられるメリットを創出します。

PR TIMESで本文を見る