デジタルツイン構築プラットフォーム『Re:Earth』を基盤とした3D都市モデルの可視化環境「PLATEAU VIEW 2.0」が公開開始!

SHARE:

~国土交通省よりソースコードと実証環境構築マニュアルも公開され、ノーコードで自治体や企業のDXを加速させる「デジタル公共財」を目指す~

株式会社Eukarya(読み:ユーカリヤ、本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:田村賢哉)と東京大学大学院渡邉英徳研究室が共同開発したオープンソースのデジタルツインプラットフォーム『Re:Earth』(リアース)が、国土交通省が主導する3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化プロジェクト「Project PLATEAU」(プラトー)の可視化環境「PLATEAU VIEW 2.0」(プラトービュー)に採用され、この春に遂に公開されました。
同時に、国土交通省よりPLATEAU VIEW 2.0のソースコードと実証環境構築マニュアルもオープンソースとして公開され、3D都市モデルを扱えるプラットフォームとして自治体での普及や市民・民間企業での利用促進を目指します。
※より詳細な内容はNoteの自社ページにて公開しています。 https://note.com/eukarya/n/n4c80997d4bce ▼PLATEAU VIEW(プラトービュー)とは
PLATEAU VIEW2.0

PR TIMESで本文を見る