本人主導でパーソナル・データを管理するミパルカードに秘密分散技術を導入

SHARE:

大切なパーソナルデータを守るミパル・カードの秘密鍵を分散保管し、安全性向上、紛失/障害対策強化

 北大発認定スタートアップの株式会社ミルウス(札幌市、代表:南重信) は中央大学 研究開発機構(東京都、研究担当者:山澤昌夫機構教授))、株式会社リーディングエッジ(東京都 代表:吉光久仁彦)が共同開発した秘密分散ライブラリを、同社ミパル・パーソナル・データ・ストア(PDS)・プラットフォームに導入し、鍵管理の安全性を向上するとともに、カードやスマートフォンの紛失時にも安全性を損なわれずに、迅速に回復する鍵管理システムを開発しました。今回はデータに署名を付与したり、暗号解読に用いる秘密鍵を対象としましたが、今後、要配慮個人データにも秘密分散方式を採用し、高い秘匿性を必要とするデータに対する保護を強化します。また、一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会が提供する「セキュアIoTプログラム」を活用し国際標準レベルの安全性を目指します。
[背景]
 株式会社ミルウスは、スマートフォン(以下スマホと略す)やリストバンドで取得した、睡眠、食事、運動さらに感情といったライフログをスマホやクラウドの「貯健箱(R)」アプリ(※1)に署名付き暗号化保管し、サービス提供者やデータ活用者の要請に本人が同意すれば、必要な提供先のみにデータを送信する分散型のパーソナルデータストアである「ミパルPDSプラットフォーム」(※2)を開発・事業化しています(図1(a))。

PR TIMESで本文を見る