文化財・美術品などのデジタルアーカイブのワークフローを簡便にするデジタルアーカイブ用カメラ「Rシステム」の提供を開始

SHARE:

法人・個人事業主のお客さま向けにOMDS Business Storeで発売

OMデジタルソリューションズ株式会社(代表取締役社長 兼CEO:杉本 繁実)は、文化財・美術品などのデジタルアーカイブ化を簡単なワークフローで実現できる、デジタルアーカイブ向けカメラ「Rシステム(Record&Research System)」を2023年5月から 日本国内の法人・個人事業主のお客さま向けにOMDS Business Store(URL: https://biz.om-digitalsolutions.com/)で販売いたします。
今回発売する「Rシステム」は、小型軽量で高画質のOM SYSTEM のミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M1 Mark III」と「OM-D E-M1X」に、立体的な被写体に対して広い範囲でピントが合う深度合成機能や、8000万画素の高精細画像を撮影できるハイレゾショット機能をカスタムモードに登録し、ワークフローを説明したユーザーズガイドとの組合わせでどなたでも簡単にデジタルアーカイブ向けの撮影が可能なカメラシステムです。また、一度に大量に撮影する場合などに便利なパソコンを使った撮影も可能で、撮影作業のわずらわしさを軽減し、効率化が図れます。博物館や美術館、図書館などでのデジタルアーカイブ化を強力にサポートするカメラシステムです。

PR TIMESで本文を見る