ワタミ、食品ロス削減に向けてHANZOシリーズを導入しバックヤード業務をAIで自動化

SHARE:

直営店約150店舗に導入を進め、店舗DXを推進

株式会社Goals(本社:東京都港区、代表取締役:佐崎 傑)が提供する飲食店の業務支援クラウドサービス「HANZO」シリーズは、ワタミ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長兼社長 渡邉 美樹、以下 ワタミ)の運営する「ミライザカ」、「三代目 鳥メロ」などの直営店約150店舗に導入されました。
AIによる食材の発注自動化や売上予測の精度向上で店舗のバックヤード業務を効率化し、店舗収益の改善、食品ロスの削減を目指します。

PR TIMESで本文を見る