兵庫県神戸市が「市民間の意見交換するオンラインプラットフォーム」として、AIファシリテーションを強みとするD-Agree活用し実証実験

SHARE:

-第一弾は登山をテーマに、5月よりオンラインで意見募集開始-

国立大学法人京都大学・名古屋工業大学発スタートアップ企業であるAGREEBIT株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:桑原英人)は、AIファシリテート技術でリアルタイムにオンライン上で議論や意見集約ができ、合意形成支援をする『D-Agree(ディー・アグリー)』を提供して、昨年より兵庫県神戸市役所でのオンラインディスカッションの実証実験支援を行ってまいりました。

今回、様々なテーマ・プロジェクトで市民間の意見交換を行うオンラインプラットフォームとしてD-Agreeを通年で活用し、オンライン中心でのディスカッションの実証実験を行います。第一弾として、神戸市で立ち上がった「神戸登山プロジェクト」の今後の取り組みへの意見募集をします。

PR TIMESで本文を見る