Scaled Agile、SAFe(R) 6.0およびSAFe Studio プラットフォームリリースで大規模事業におけるビジネスアジリティ達成手法を革新

SHARE:

企業・政府機関の組織変更の管理、バリューフローの加速、複雑なテクノロジーのインテグレーションを可能にし、チームがそれぞれの業務で優れた能力を発揮できるよう支援

ビジネスアジリティ実現のシステム・大規模アジャイル方法論として世界で絶大な信頼を得ているSAFe(Scaled Agile Framework(R))を提供するScaled Agile, Inc.は、新たにSAFe 6.0とSAFe Studioという2つの主力プロダクトを発表しました。SAFe 6.0は、Scaled Agile Framework、コース、認定、ツールキット、オンラインラーニングの最新バージョンで、SAFe Studioは、SAFeプロフェッショナルがSAFeについて学び、SAFeを実践し、管理できる新たなプラットフォームです。
世界で2万を超える企業および政府機関が、SAFeとScaled Agileのグローバルパートナーネットワークを利用してデジタルイノベーションを加速させ、目まぐるしく変化する市場での競争力を高めています。
【2023年4月19日】 ビジネスアジリティ実現のシステム・大規模アジャイル方法論として世界で絶大な信頼を得ているSAFe(Scaled Agile Framework(R))を提供するScaled Agile, Inc. (本社:米国コロラド州ボールダー、CEO:クリス・ジェームス、日本法人:Scaled Agile-Japan合同会社、本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:古場達朗)は、新たにSAFe 6.0とSAFe Studioという2つの主力プロダクトを発表しました。SAFe 6.0は、Scaled Agile Framework、コース、認定、ツールキット、オンラインラーニングの最新バージョンで、SAFe Studioは、SAFeプロフェッショナルがSAFeについて学び、SAFeを実践し、管理できる新たなプラットフォームです。

Scaled Agile, Inc. 最高経営責任者(CEO)のクリス・ジェームズ(Chris James)は、「SAFeは、大規模なビジネスアジリティの実現を目指す企業のグローバルスタンダードとなっています。私たちはこの責任ある立場を真摯に受け止め、これからも引き続きSAFeの発展に投資し、最新のテクノロジーおよびビジネスの動向を支え、そのイネーブラーとなる所存です。今回の新たなリリースは、企業がSAFeプラクティスを日々の業務に取り入れ、変化を持続させ、真のビジネスアジリティがもたらすメリットを実現する手立てにおける、大いなる前進を象徴するものです」と述べています。

SAFe 6.0
Scaled Agile Framework
この最新バージョンでは、次の重要な分野において、組織が直面する最重要課題への対処に関するガイダンスが、さらに進化しました。

● 新しい8つのフローアクセラレーター(フローを加速させるための方策)により、SAFe実装のコンフィグレーション単位となる以下のバリューフロー(価値を生み出すためのビジネスフロー)を加速

チーム(アジャイルを実践するチーム: 通常10人以下で構成)
アジャイルリリーストレイン (ART: SAFe実装に必要となる組織横断的なバーチャルチームの最小単位)
ソリューショントレイン(複数のARTで構成される、より大規模な組織での展開を実現するためのバーチャル組織)
ポートフォリオ(組織レベル全体の戦略的投資ポートフォリオ)

● アジャイルエグゼクティブチーム(アジャイル経営を実践するビジネスリーダー)、ビジネス対応ART(ビジネスオペレーションに特化したART)、アジャイルビジネスファンクション(俊敏性を獲得するためにリーンアジャイルを実践するビジネスチーム)向けのガイダンスにより、企業が組織全体にSAFeを展開するのに必要なビジネスおよびテクノロジーのパターンを示して企業をサポート
● アジャイルビジネス環境における各役割の重要性を反映して、SAFeの主要な役割の責務や役割間のコラボレーションが進化
● AI、ビッグデータ、クラウド機能の開発に関するガイダンスを通じて、最新テクノロジーの導入を加速
● OKR (オブジェクティブと主要な成果) に関するガイダンスの拡充と、コンピテンシーおよびフローの評価ツールの改善により、より優れた成果を実現

Scaled Agile共同創設者でチーフメソドロジストであるディーン・レッフィングウェル(Dean Leffingwell)は、「今回のSAFeの進化の要は、フローに関する理解の深まりです。フローを評価できるようになったことで、現在の状況、各要素の状態、そして改善点を把握するための新しい、定量的な基準が得られました」と述べています。

同じくScaled Agileチーフメソドロジストのアンドリュー・セールス(Andrew Sales)は、「これは、これまで漠然としていて評価不能だった要素の評価、改善方法について、SAFeの、そして業界の考え方を大きく進歩させる可能性があります」と述べています。

●学習および実践のためのリソース
SAFeコースウェア、オンライン学習、実践用リソースは、最新の成功パターンを反映して更新されています。こうしたリソースはすべて、SAFe Studioで利用できます。Scaled Agileの最も受講者が多いコースの1つであるLeading SAFeは、日本語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語 (ブラジル)を含む多言語での提供を開始します。さらに、意欲的なロードマップで、学習および実践のためのリソースのローカライズを継続していきます。

SAFe Studio プラットフォーム
企業のニーズを念頭に構築されたSAFe Studioは、サブスクリプションベースのプラットフォームの進化形であり、SAFeプロフェッショナルはこのプラットフォームを通じてSAFeについて学び、SAFeを実践し、管理できます。SAFe Studioは、組織変更の管理に適した設計となっています。SAFe ガイダンスを実行に移し、従業員が新しい業務のあり方を受容し、その中で優れた成果を上げられるよう支援し、これらすべてを企業内の全事業単位で達成できるように作られています。

新しいSAFe Studioは、次の重要なSAFe学習および実践によって、講師やコーチ、チーム、個々のメンバー、Scaled Agileパートナーをサポートします。
● 自主学習型モジュールや実用的なヒントを含むオンデマンド学習オプション
● 従業員の関心や役割に応じて厳選されたツールや動画コンテンツ
● 企業のニーズを第一に考えた、SAFe実践の管理、改善ツール
● 成長のための推奨事項のインテグレーションによる進捗の追跡
● 世界各国の従業員が利用できるローカライズされたコンテンツ
● 改良されたパートナー検索ツール。Scaled Agileのグローバルパートナーは、企業にとって重要度の高い5つの主要な機能によって分類され、500社を超えるパートナーから選択可能

Scaled Agile最高製品責任者であるインバー・オーレン(Inbar Oren)は、「SAFe Studioのコンセプトは、チームと企業によるSAFeの活用および実践を大幅に前進させるものです。今回の新たなプロダクトリリースは、目まぐるしく変化する市場の変動に企業や政府機関が迅速に適応できることを目的として、企業および政府機関に対応する先進テクノロジーを活用した世界水準のプラットフォームを提供するという当社のコミットメントの達成に向けた第一歩です」と述べています。

詳細は、SAFe(R) 6.0とSAFe(R) Studioの紹介をご覧ください。
https://scaledagile.com/2023-march-launch-japanese/

※当報道資料は、2023年3月16日(現地時間)にScaled Agile, Inc.が発表したプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては原文が優先します。予めご了承ください。
=====

今回のローンチに際し、株式会社NTTデータ 執行役員 技術革新統括本部長 冨安寛氏は、「SAFe 6.0とSAFe Studioのリリースを歓迎します。NTTデータは、グローバルトランスフォーメーションパートナーとして、日本国内だけでなく海外拠点も含め広くSAFeを活用しています。SAFe 6.0では、ソフトウェア開発の領域に加えてビジネス領域での適用がより強く意識され、バリューストリームマネジメントやフローの加速が強化されました。この新たなSAFeを活用することで、NTTデータは経営層を含むビジネスリーダーからテクノロジーメンバーまで組織全体での価値提供を加速し、自社ならびにお客様のビジネス変革を実現していきます。また、SAFe Studioを活用して継続的な学びの機会を確保し、変革の実現を支援する人財の育成をグローバルで推進していきます」と述べています。

【SAFe 6.0ウェビナーのご案内】 SAFe 6.0に関するウェビナーを以下要項で開催します。
●「SAFe 6.0 リリース記念 特別ウェビナー 『SAFe 6.0 イントロダクション』~SAFeの次なる進化~」(同時通訳付)

開催日:2023年4月20日(木)17:30~19:00
形式:オンライン
参加費用:無料(事前登録制)
アジェンダ、イベント詳細、参加登録:https://scaledagile.zoom.us/webinar/register/WN_vau1huocQt65KILDr8AV4Q#/registration

参加対象:
⁃ 経営層、ビジネスリーダー、チェンジエージェント
⁃ 組織変革の必要性を感じているマネジメント、リーダーの方々
⁃ スクラムマスター、プロダクトオーナー、アジャイル開発に携わっている方、プロジェクトマネージャー
⁃ エンタープライズアジャイルや大規模アジャイルについて知りたい方

●Implementing SAFe ~Scaled Agile Frameworkでビジネスアジリティを実現

開催日:2023年5月22日(月)~26日(金)9:00~17:30 <5日間>
形式:オンライン
詳細:https://sales.tdc.co.jp/public/seminar/view/2638

Scaled Agile, Inc.について
Scaled Agile, Inc.は、ビジネスアジリティ実現のシステム・大規模アジャイル方法論として世界から絶大な信頼を得ているSAFeを提供しています。Scaled Agileは、チームがより適切な業務のあり方を見いだすことを可能にする統合ソリューションを通じて、世界をリードする組織が顧客価値を見極めて提供し、新たな機会をつかみ、ビジネス成果を向上させるための方法を再定義しています。2万を超える企業および政府機関が、SAFeとScaled Agileのグローバルパートナーネットワークを利用してデジタルイノベーションを加速させ、目まぐるしく変化する市場での競争力を高めています。
Scaled Agileウェブサイト: https://scaledagile.com/https://www.scaledagile.com/jp/
SAFeウェブサイト: https://www.scaledagileframework.com/

PR TIMESで本文を見る