プラスチック射出成形機市場(Plastic Injection Molding Machine Market)に関する詳細な調査は、2023年のそのランドスケープを理解するために実施されました。

SHARE:

調査期間: 2023年3月20日ー28日

調査業者: SDKI Inc.

調査対象: あらゆる規模の 541人の市場関係者を対象に調査を実施しました。

有効な回答の数: 541

調査方法:実地調査220、インターネット調査312

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。

問題:プラスチック射出成形機は何ですか?プラスチック射出成形機市場規模はどのくらいで、2035年までの成長率はどのくらいと予測されますか?

射出成形のプロセスでは、熱可塑性ポリマーをその融点以上に加熱することで、固体ポリマーを適度に低粘度の溶融流体に変換します。この溶融液を機械的に強制的に金型に注入し、最終的な物体の形状に仕上げます。このプロセスは、射出ユニットと型締ユニットの 2 つの主要部分で構成される射出成形機を使用して実行されます。

プラスチック射出成形機市場は2022年に約120億米ドルの市場価値から、2035年までに約200億米ドル達すると予測されています。プラスチック射出成形機市場は2023 -2035年間に 4% の CAGR で成長しています。

問題:プラスチック射出成形機市場の成長を牽引する要因は何ですか?

プラスチック射出成形機市場の領域で成長を促進する顕著な要因の一部ですー

世界中で高まるプラスチック製品の需要―プラスチック射出成形機は、プラスチック製品の製造において、さまざまな用途に使用される薄肉のプラスチック部材を作るために広く使用されています。世界のプラスチック収入は、2022年に6,950億米ドルの評価額に達し、2022-2035年間にCAGR4%で加速しています。
熱可塑性産業の成長―熱可塑性樹脂産業は、すでに2020年に2000万トンを突破しています。世界の熱可塑性複合材の収益は、2022 年に 260 億米ドルと評価され、2035 年までに 450 億米ドルに達すると予測されており、2023 -2035 年間に 7.5% の CAGR で成長します。

市場の成長に貢献するその他の要因は次のとおりです。

医療産業におけるプラスチック射出成形の使用
エレクトロニクス産業におけるプラスチック射出成形の採用プラスチック射出成形機の需要は、自動車関連で拡大しています。

PR TIMESで本文を見る