サーバーレスコンピューティング市場(Serverless Computing Market)に関する詳細な調査は、2023 年の状況を理解するために実施されました。

SHARE:

調査期間:2023年2月12日ー20日

調査業者:SDKI Inc.

調査対象: あらゆる規模の 529 人の市場関係者を対象に調査を実施しました。

調査対象: 529

調査方法:実地調査230、インターネット調査299

調査方法:調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。

質問: サーバーレス コンピューティングとは何ですか?サーバーレス コンピューティング市場の規模と、2035 年までの予測成長率は?

サーバーレス コンピューティングは、クラウド プロバイダーがサーバーを実行し、マシン リソースの割り当てを動的に管理するクラウド コンピューティングの実行モデルです。これにより、開発者は独自のサーバー リソースを管理する必要がなくなり、コア アプリケーション ロジックに集中できるようになります。サーバーレス コンピューティング市場は、2022 年に最大 90 億米ドルを獲得しており、予測期間中に約22% の CAGR で成長すると予想されています。さらに、世界のサーバーレス コンピューティング市場は、2035 年までに約 380 億米ドルに達すると予想されています。

質問: サーバーレス コンピューティング市場の成長を促進する要因は何ですか?

スマートフォンの使用の増加、と個人所有のデバイスの持ち込み (BYOD) の傾向の高まりは、サーバーレス コンピューティング市場の成長につながる主な要因です。2023 年の時点で、BYOD プログラムを実施している組織の数は世界中で 83% に増加しています。組織の 67% が、BYOD への移行後に生産性が向上したと報告しています。サイバーセキュリティの専門家 270 人を対象とした調査によると、70% の企業が、従業員が自分のデバイスを業務目的で使用することを許可しています。BYOD を使用すると、従業員は自分のデバイスを使用できるため、企業が独自のサーバーを購入して維持する必要がなくなります。これにより、コンピューティングのコストが削減され、サーバーレス コンピューティングは企業にとって魅力的な選択肢になります。さらに、より多くの人々がスマートフォンを使用しているため、より多くのクラウド処理能力が必要です。これは、サーバーレス コンピューティング市場の成長をさらに後押ししています。

以下は、サーバーレス コンピューティング市場の成長を促進するその他の顕著な要因の一部です: –
コスト最適化の必要性の高まり

自動化ソリューションに対する需要の高まり

アジャイルで迅速なアプリケーション開発の必要性

PR TIMESで本文を見る