マイクロ発光ダイオード(LED)市場の詳細な調査を行い、2023年の展望を把握します。

SHARE:

調査期間: 2023年03月23日ー30日
調査業者: SDKI Inc.
調査対象: あらゆる規模の 543 人の市場関係者を対象に調査を実施しました。
有効な回答の数: 543
調査方法:実地調査230、インターネット調査313
調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。

質問:マイクロ発光ダイオード (LED) は何ですか?マイクロ発光ダイオード (LED) 市場規模はどのくらいで、2035年までの成長率はどのくらいと予測されますか?

マイクロ発光ダイオードは、最新の直接発光ディスプレイ技術です。これらのマイクロ LED は、色、明るさ、寿命、および最小ピクセル サイズの点で、有機 LED や液晶ディスプレイよりも優れています。さらに、マイクロ発光ダイオードは、次世代ディスプレイ技術の基礎と見なされています。この技術は、多数の高度なアプリケーションのパーソナライズされた要求を満たす能力を保持しています。
一方、世界のマイクロ発光ダイオードの市場規模は 2021 年に 600百万米ドルに達し、予測期間中に 81% の収益 CAGR を記録すると予想されます。市場は 2035 年までに 22,000百万米ドルに達すると推定されています。

質問:マイクロ発光ダイオード (LED) 市場の成長を牽引する要因は何ですか?

以下は、マイクロ発光ダイオード (LED) 市場の成長を牽引する重要な要因の一部です:
マイクロ発光ダイオード市場の成長を牽引する主な理由は、より明るく電力効率の高いディスプレイ パネルに対する需要の高まりです。都市人口の数は継続的に増加しており、都市の交通渋滞を引き起こしています。分析によると、世界人口に占める都市の割合は、2050 年までに 66% の 64.19億人に増加すると予想されています。プロフェッショナルおよびプライベート モビリティは、都市部で顕著な課題を提示します。都市の人口が増加するにつれて、e コマース、レストラン アグリゲーター、食品配達会社、物流、郵便のサービスの需要も高まっています。これは、マイクロ発光ダイオード市場の成長の原動力として機能しています。さらに、いくつかのより顕著な成長の

原動力は次のように書かれています-
電力効率が高く明るいディスプレイ パネルに対する需要の増加

家電需要の急増

人々の可処分所得の増加

PR TIMESで本文を見る