がん微小環境のAI解析ソフトウェア「DeepPathFinder(TM)」をリリース

SHARE:

予後や免疫チェックポイント阻害剤の薬効に関連する因子の解析に貢献

株式会社biomy(本店:東京都渋谷区、代表取締役社長:小西 哲平)は、がん微小環境のAI解析ソフトウェア「DeepPathFinder(TM)」をリリースしました。(*DeepPathFinder(TM)は研究用途での利用に限られます)
免疫チェックポイント阻害剤(ICI)を主とした薬物療法が、様々ながんの主要な治療法として開発されています。しかしながら、ICI は全ての患者さんに効果をもたらすわけではなく、治療効果の高い患者さんとそうではない患者さんが存在します。これまで、世界中の研究者が ICI の薬剤感受性を予測するために多くの研究を実施してきました。そして、腫瘍そのものだけではなく、がんを取り巻く免疫微小環境がICIの薬効や予後に重要な影響を与えていることが分かってきました。しかしながら、患者さん個々のがん免疫微小環境を日常診療で定量的に解析しようとすると、巨大なコストと時間を必要とします。DeepPathFinder(TM)は、AI の力を利用して病理画像を迅速に解析し、がん免疫微小環境の空間的情報を日常診療に提供することを目指しています。これらのがん免疫微小環境から検出された空間的情報は治療決定の判断材料の1つとして役立ち、適切な患者選択や薬効予測を通じて、治療アウトカムの向上につながると考えています。

DeepPathFinder(TM)の機能
DeepPathFinder(TM)はがん細胞と取り巻くがん免疫微小環境の理解を高めることを支援する、研究用途のサービスです。前述のように、ICI の薬効には、がん免疫微小環境が重要な因子であることが数多くの論文で報告されています。DeepPathFinder(TM)に実装されているAIは、病理画像から上皮細胞、リンパ球、マクロファージに留まらず、線維芽細胞やプラズマ細胞も検出します。組織についても、腫瘍、壊死、間質など、細かな分類を支援します。これらの情報を組み合わせることで、間質内のリンパ球や線維芽細胞の数、密度を定量的に評価し、腫瘍から特定の距離に存在する免疫細胞の数を把握することができます。さらに、形態学的な特徴を元に、一部のドライバー遺伝子変異の特有の特徴量を検出する機能も実装されています。
細胞抽出結果

PR TIMESで本文を見る