Space Compassによる国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」後継機の通信・軌道上データ処理事業の検討

SHARE:

株式会社Space Compass(本社:東京都千代田区、以下Space Compass)は、三井物産株式会社(以下三井物産)が取り組む国際宇宙ステーション(以下ISS)日本実験棟「きぼう」の後継機の保有・運用事業の事業化調査の一部を受託し、通信およびデータセンタ事業化に向けた検討を開始しましたのでお知らせいたします。
三井物産は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)による「民間主導の地球低軌道有人拠点事業における米国商業宇宙ステーション接続型日本モジュールの概念検討」の事業者として選定され、2030年頃に予定されているISS退役を見据えた日本実験棟「きぼう」後継機の事業化調査を複数のパートナーと実施します。(※)

Space Compassはそのパートナー企業の一社
として、今後「きぼう」後継機に重要な要素の一つとなる下記の調査を行います。
1. 「きぼう」後継機と地球間の光通信事業の検討
2. 「きぼう」後継機内におけるデータ処理に必要な軌道上データセンタ事業の検討

PR TIMESで本文を見る