Octa Roboticsは、大和ライフネクスト、ジャパンエレベータサービスホールディングスと共に、経済産業省による補助事業「令和5年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」に参画します。

SHARE:

株式会社Octa Robotics(本社:埼玉県さいたま市、 代表:鍋嶌 厚太)は、令和5年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業において、既存施設のロボットフレンドリー化手段の検討、ロボットフレンドリー環境を前提としたサービス及びロボット要求仕様の検討を担い、事業に貢献していきます。
令和5年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業の概要

2023年9月、大和ライフネクスト株式会社 (代表取締役社長:竹林 桂太朗)、株式会社Octa Robotics(代表取締役:鍋嶌 厚太)、ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(代表取締役会長兼社長 CEO:石田 克史)の3社で実施する建物・施設管理における清掃業務のロボットフレンドリー化*に向けたエレベーター連携システムの開発事業において、経済産業省による補助事業「令和5年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業(ロボットフレンドリーな環境構築支援事業)に係る間接補助事業者」に採択されました。

*ロボットフレンドリー化とは、ロボット導入にあたって、ユーザー側の業務プロセスや施設環境をロボット導入しやすい環境へと変革することを指します。
経済産業省HP:
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/robot/230929_robotfriendly.html

背景

建物・施設管理事業は従来より「労働集約型産業」の構造であり、受付・清掃・警備・点検等の各業務を人の手で行ってまいりました。しかしながら近年、少子高齢化の加速により労働生産人口は減少が続き、管理員・警備員・清掃員等の人材不足が深刻化しています。建物・施設の管理不全につながれば、業界だけでなく社会全体にとって大きな課題となります。 一方で、管理業務の省人化につながるロボット活用に必要不可欠な「エレベーター連携システム(ロボットが階をまたいで移動することを可能にする仕組み)」について、コスト面や仕様面で課題があり、建物管理におけるロボット導入のハードルとなっています。そこで、RFA 規格準拠のロボット・エレベーター連携サービスを手掛ける弊社と、大和ライフネクスト株式会社 及びエレベーター保守会社のジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社の2 社と連携し、低廉かつ簡易に導入できるエレベーター連携システムの構築に取り組むことで、建物管理業務の「持続可能な」ロボットフレンドリー化を推進してまいります。

■事業概要

PR TIMESで本文を見る