ハウディのIoTゲートウェイが、建設現場の騒音・振動の遠隔監視を実現する「e-Sense IoT (騒音振動)」に採用

SHARE:

~クラウドを活用して騒音計・振動計の取得データを遠隔監視。安心・安全な現場作りに貢献~

株式会社ハウディ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:浅田 風太、以下「ハウディ」 )が開発したIoTゲートウェイが、株式会社ネクストフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大堀 裕康、以下「ネクストフィールド」)が提供する建設現場向けダッシュボードサービス「e-Stand」と連携する「e-Sense IoT (騒音振動)」に採用されました。
■背景
建設現場では近隣住民の健康と安全を確保するため専用の騒音計や振動計を設置しています。これらの計測器から取得したデータはデジタル表示器を用いて近隣住民に向けて掲示したり本体に有線接続されたPCやプリンタ、SDカードを用いてデータを記録しています。一方、上記のような運用方法では現場の管理者や作業者が計測したデータをリアルタイムで閲覧できない、データを有効活用できないなどの問題があり、センサ導入のメリットを最大化できていませんでした。

■製品の概要
「e-Sense IoT (騒音振動)」は、建設現場などで使用されている騒音計、振動計、IoTゲートウェイ(以下、GW)を防水防塵ボックスに一体化した製品です。
本製品はGWのモバイル回線を介して、計測データをリアルタイムでクラウドサーバーに送信・記録します。これによりインターネット環境があれば「いつでも」「どこからでも」計測データにアクセスできるようになります。
また本製品はネクストフィールドが提供する「e-Stand」と連携しており、「e-Stand」上で計測データを閲覧することができます。基準値以上の騒音や振動を計測したときに現場管理者へ速やかに発報する機能なども順次追加していく予定です。
ボックスの背面には単管に固定できるクランプを装備しているため簡単に設置できます。

PR TIMESで本文を見る