国内初の合同会社によるAI研究開発支援DAO「AiHUB Community合同会社」を設立

SHARE:

4月22日(本日)施行のDAO特別法により、日本でも中央集権的な管理者のいない新しい組織、DAO運営が可能に

画像生成系AIの研究開発をリードするAIHUB株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:園田れい、以下「AIHUB(アイハブ)」)の設立母体となっていた生成系AIの研究開発コミュニティは、4月22日(本日)施行されたDAO特別法に基づき日本初の合同会社型DAOであるAiHUB Community合同会社(以下「AiHUB Community」)を設立いたします。

新しい組織形態である「DAO」を、日本DAO協会の知見、およびDAOツール開発とDAOコミュニティの構築・運用をサポートする株式会社Unyteの協力の元運営し、日本における生成系AIとDAOの成長と普及に努めます。

PR TIMESで本文を見る