モルゲンロットがAIのコンサルティング開発を行うタスデザイングループと業務提携を開始

SHARE:

モルゲンロット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 森本竜英、以下モルゲンロット)は、株式会社タスデザイングループ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役CEO 甲田将史)とAIのコンサルティング開発分野においてAI導入の活性化とDX推進を目指して業務提携を開始しました。

タスデザイングループでは、顧客のDX推進に向けたデータ活用・システム開発を行っており、その一環としてAI・データサイエンス導入支援「Pay-Per-Dev AI」を展開しています。
「構想はあるが、AIを導入する効果があるのか分からない」「どのようにAIを導入したらよいかわからない」「独自のAIシステムを構築したい」など様々な要望に応じるために、
AIやデータサイエンスを導入するためのフェーズを6段階に分けてチケット化することで、事業に必要なAI機能の開発を必要な分だけ導入いただけるサービスです。
モルゲンロットは、この開発基盤としてHPC環境を提供します。

PR TIMESで本文を見る