日本は「英語教育」に向かうのか「語学教育」に向かうのか。子ども達に日本語を母国語として話したい英語を身につけさせる。個人家庭や地方の学校に直接届けるビデオレッスンを作るまでの「Epsilon」の軌跡

SHARE:

語学として教えるならオンライン等でネイティブとやりとりをさせるか画像を見せるのが近道だし、教育の一環ならば最終目標は日本国民を育てることで英語のために日本語をなくすことがあってはならない。

日本語は言いたいことが最後にくる「聞く文化」であり英語は「話す文化」で水と油ほどの違いがある。外国人と接触する機会も少なく英語がなくても困らない生徒たちに英語で考えて意見を言いなさいというの...

PR TIMESで本文を見る