本物に触れる「木育」を緑豊かなキャンパスで広げる玉川学園

SHARE:

「Tamagawa Mokurin Project」座談会(1)

未来を担う子どもたちへ本物に触れる「木育」を――。約60万平方メートルと東京ディズニーランドの敷地面積を上回る広大な玉川学園のキャンパス(東京都町田市)には、250種類の樹木のほか、鳥類など多くの野生生物が生息し、その豊かな自然の中で、幼稚部から高等部、さらに大学、大学院まで一貫した環境教育が行われています。 PR TIMESで本文を見る