Final Aimが、米国Autodesk社とプラットフォーム連携、真正性が確保された安心・安全な生成AIによるデザインを推進

SHARE:

3Dデータも含めたデザイン/契約/知的財産などの重要データの一元管理を可能に

株式会社Final Aim(本社:米国デラウェア州 / 代表取締役社長:朝倉 雅文、取締役:横井 康秀、以下 Final Aim)は、3Dデザインや設計ソフトウェアの世界的なリーダーであるAutodesk, Inc.(本社:米国サンフランシスコ市、以下Autodesk社)とプラットフォーム連携したことを発表します。
これにより、デザインと製造業への生成AIの導入において重要となる、デザイン/契約書/知的財産権などのデータ管理をよりスムーズに一元化します。弊社独自のスマートコントラクト技術で真正性を担保しながら、安心・安全な生成AIの導入を実現します。

また、この度のプラットフォーム連携について、Autodesk社によるグローバルなオウンドメディア「Design & Make」に特集されました。

■ 日本語版
https://www.autodesk.com/jp/design-make/articles/generative-ai-design-jp

■ 英語版
https://www.autodesk.com/design-make/articles/yamaha-ev

PR TIMESで本文を見る