関西電力グループのオプテージが提供する050通話アプリ「LaLa Call」が、eKYC本人確認サービス「TRUSTDOCK」を導入

SHARE:

~マイナンバーカードによる公的個人認証サービス(JPKI)にも対応し、携帯電話不正利用の防止強化と顧客体験の向上を実現~

デジタル本人確認の株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都中央区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)は、株式会社オプテージ(本社:大阪市中央区、代表取締役:名部 正彦、以下 オプテージ)が提供する050通話アプリ「LaLa Call」に、eKYC本人確認サービス「TRUSTDOCK」を提供したことをご報告します。

オプテージは、TRUSTDOCKが提供するeKYC本人確認サービスにより、「LaLa Call」における申し込み時の本人確認を、携帯電話不正利用防止法に準拠しながら、スムーズに行なうことが可能となります。

PR TIMESで本文を見る