日常のセルフケアでより多くの患者さんに寄り添う。学会活動を通じて医療現場への貢献を目指す、第一三共ヘルスケアの新たな挑戦。

SHARE:

第一三共ヘルスケアでは、学会や医療機関での説明会を通じて、医師や看護師、その先の患者さんに向けて、自社のスキンケアやオーラルケア製品、日常のセルフケア方法の紹介など、製品を通じたQOL向上への貢献を目指す活動を行っている。
なぜ、このような取り組みを始めたのか、さらに具体的な活動内容、活動を進める上での苦労や信念などを、メディカル担当の橋爪と中川に聞いた。

―がんや...

PR TIMESで本文を見る