忙しい共働き世帯を中心とした小学校受験層に対して家庭学習を徹底するAI搭載家庭学習習慣化プログラム「マジタク」を本日リリース!

SHARE:

~小学校受験対策最大手塾「伸芽会」の教材を活用し、AI搭載家庭学習習慣化プログラム「マジタク」の本製品リリースに向けて、実証実験をスタート~

株式会社MagicAlPass(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:高木 秀)は、AIを搭載した家庭学習習慣化プログラム「マジタク」を開発しました。「マジタク」は、小学校受験対策をしているお子様一人一人に、その子の学習状況にぴったり合った宿題をアプリとプリンタ印刷を通じて毎日出題いたします。今後の本格導入に向けて、小学校受験対策最大手塾伸芽会の会員20世帯のお子様へ実証試験を開始。2ヶ月の実証実験では2024年11月の本格導入に向け、継続ユーザーのモニタリングをし忙しい共働き世帯の家庭学習がより効果的かつ効率的になり、学習習慣の定着につながるように、ブラッシュアップを続けていきたいと考えています。
■ 令和の小学校受験は「共働き」があたりまえ。育児・家事と受験対策の両立が課題に
小学校受験といえば専業主婦の家庭がする。そんなイメージがあるのではないでしょうか。しかし近年では、国・私立小学校在籍者の共働き世帯の割合は増加の一途をたどっており、現在では約7割もの割合を占めています。そのため、育児・家事に費やす時間の確保と受験対策の両立が共働き世帯の大きな課題となっています。

PR TIMESで本文を見る