Sotas、ISMSクラウドセキュリティの国際規格「ISO/IEC 27017」の認証を取得

SHARE:

–「ISO/IEC27001」とともに、情報セキュリティ管理体制を強化–

素材のプラットフォームを目指す化学産業特化のSaaSスタートアップSotas株式会社(所在地:本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長:吉元 裕樹、以下「当社」)は、当社におけるセキュリティ管理体制強化の一環として、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)のクラウドセキュリティに関する国際規格である「ISO/IEC 27017」の認証を取得しましたことをお知らせします。

ISO/IEC 27017(JIP-ISMS517)についてISO/IEC 27017は、クラウドサービスに関する情報セキュリティ管理策のガイドライン規格であり、ISO 27001認証に追加する形でのみ取得が可能なアドオン認証です。クラウドサービス提供における高い安全性、透明性を認証する仕組みであり、国内で取得している組織は約540組織のみとなります(2024年5月末時点)。
当社は、2023年9月1日に情報セキュリティマネジメントシステム規格であるISO/IEC 27001を取得しており、この度さらなる情報セキュリティ管理体制の強化を目的として、今回のISO/IEC 27017の認証取得に至りました。
本取得は、当社のクラウドサービスが国際的に認められた情報セキュリティ基準を満たしていることを示しており、高い安全性と信頼性に基づきお客様にサービスをご利用いただくことできます。また、情報セキュリティマネジメントシステム規格であるISO/IEC 27001の基準に準拠することで、その継続的な改善が促進され、最新のセキュリティ脅威に対応し続けることが可能です。

PR TIMESで本文を見る