日本初!手術記録システム「OPeDrive(オペドライブ)」で作業時間を約70%削減、働き方改革へ寄与

SHARE:

~岐阜大学医学部附属病院での業務改善効果を報告~

株式会社OPExPARK(東京都品川区、代表取締役社長兼 CEO 本田泰教)は、手術記録システム「OPeDrive(オペドライブ)」により、岐阜大学医学部附属病院での手術動画作成にかかる作業時間を約70%削減できたことを報告いたします。

2024年4月から施行された「医師の働き方改革」では、良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を推進することを目的として、労務管理の徹底、労働時間の短縮などが求められています。そうしたなか、OPExPARKが提供している手術記録システム「OPeDrive」によって、どの程度の業務効率化が実現できるのかを明らかにすることを目的として調査を行い、2024年3月に開催された第53回日本脳卒中の外科学会学術集会にて、岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科 講師・臨床准教授 榎本 由貴子 医師が約70%の作業時間の短縮を報告しました。

OPeDrive導入施設である岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科では、導入後のスタッフへのアンケート調査によると、「OPeDriveを活用することで手術動画作成の作業時間を削減することができ、労働時間が短縮され、医師の働き方改革に沿う効果を実感できた」とのこと。OPeDriveの活用により手術動画作成時間を削減することができ、その結果医師の働き方改革に沿う効果が見られたという報告は国内初(※注)となります。

手術記録システム「OPeDrive」:
https://content.opexpark.co.jp/opedrive

※注:2024年6月 当社調べ

手術動画作成のアンケート調査を実施岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科では、OPeDriveの導入以前から、手術のあった翌日には必ず腫瘍チーム・血管チーム合同で手術動画を用いた術後カンファレンスが行われており、手術教育や症例の共有のための手術動画の活用が非常に進んでいました。手術動画の活用は、手術教育・症例共有の質向上に繋がる一方で、その動画の編集作業は時間外労働として大きな負担となってしまうことが多いのが現状です。こうした労働環境の改善をはかるため、岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科では2022年4月に新設されたハイブリッド手術室へOPeDriveを導入。当科ではその手術室にて年間約120件のハイブリッド手術が行われ、実際にOPeDriveを用いて記録しています。
これまで記録した手術における手術動画データの読み込み、書き出しなどの編集に必要なステップ数および編集時間について、手術動画編集に携わる当科スタッフ8名(卒後3-23年、平均12年目)を対象にアンケート調査を行い、製品導入前後で比較しました。

PR TIMESで本文を見る