積水化学グループ【世界初】「割れない採血管」を生み出し、次なる挑戦へ

SHARE:

人間ドックなどの採血時、針を刺したまま採血管を何本も変えていく様子を見た人は多いだろう。採血管を入れ替えるたびに、自然に血液が吸い上げられていくのは採血管内外の圧力の差を利用して吸引しているからだ。そして何本も変えるのは検査内容に合わせて、採血管に入っている薬剤などが異なるためである。現在の採血管はプラスチック製がほとんどだが、これを世界で初めて実用化したのが積水化学グループだ。
...

PR TIMESで本文を見る