【SwitchBot】人気製品の「学習リモコン」が大幅にアップグレード!Apple TVやFire TVにも遂に対応し、ハブ製品との連携で便利な機能が無限大に

SHARE:

操作できる家電やSwitchBotデバイスが大幅に増え、Apple TVやFire TVにも遂に対応。細かな設定までアプリ並みの操作を可能にし、スマートリモコンの利便性を物理的な形で実現しました。

IoT・スマートホーム事業を手掛ける「IoTデバイスNo.1ブランド」(※2022年11月 家電Biz調べ)SWITCHBOT株式会社(本社 : 東京都渋谷区)は、2024年5月に発売した「SwitchBot 学習リモコン」のファームウェアアップデートを7月9日(火)より実施。Apple TVやFire TVなどのストリーミングデバイスをはじめ、同社のロボット掃除機K10+に対応するなど、操作可能なデバイスや家電を大幅に拡張しました。また、細かな設定や操作を可能にし、使い勝手も向上しました。

PR TIMESで本文を見る