【タレントマネジメントの実施状況に関する実態調査】

SHARE:

40%強の企業がタレントマネジメントに取り組む一方で、タレントマネジメントの共通課題は、「データの管理部署/システムの分散」による「人事データの可視化・管理」

クラウド型人事労務システム「ジンジャー」を提供しているjinjer株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑内 孝志)は、人事担当者計528名を対象に「タレントマネジメントの実施状況に関する実態調査」を実施しました。
※本調査における「タレントマネジメント」の定義:従業員の能力や個性を、人材採用・配置・育成に活用して、人的資本のパフォーマンスを最大化するための取り組みのこと。

PR TIMESで本文を見る