ChatGPTでグラフ作成できるChatSense、「コードインタープリター」機能で日本語文字化けの対応機能をリリース

SHARE:

株式会社ナレッジセンスは、セキュアな環境でChatGPTを活用できる、企業向けChatGPTサービス「ChatSense」を提供しております。この度、ChatSenseで利用できる「コードインタープリター」機能についてアップデートを行い、日本語の文字化け対策ができるようになったことをお知らせいたします。ChatGPTにグラフ作成させる際に、タイトルや凡例を日本語で表示することができるようになりました。これにより、生成したグラフを会議やプレゼン資料のグラフとして、そのまま活用することが可能になります。企業向けChatGPT「ChatSense」の詳細はこちらをご覧ください。
https://chatsense.jp/?utm_source=109
大企業の知的活動を最速にする株式会社ナレッジセンス(本社:東京都港区、代表取締役:門脇敦司、以下ナレッジセンス)は、当社が提供する、セキュアな環境でChatGPTを企業利用できるサービス「ChatSense」について、コードインタープリターのグラフの日本語文字化けを防止できるようになったことをお知らせいたします。
企業向け chatgpt グラフ作成 コードインタープリター 日本語文字化け防止

PR TIMESで本文を見る