タグ 【ウォルマートの自動宅配】

始まる自動宅配:Walmartが進める自動運転スタートアップとの提携戦略(2/2)

SHARE:

(前回からの続き)Walmartは複数の自動車メーカー・スタートアップと自動運転に関するパートナーシップを結んでいる。11月には、フロリダ州マイアミのWalmart店舗から、食品やパーソナルケア商品の配達をプロトタイプの自動運転車を用いて配達するため、PostmatesやFordと提携していた。 また、アリゾナ州の店舗ではUdelvの自動運転型バンを試験的に導入しているし、加えて5億ドルを調達した…

Walmart-Cruise

前回からの続き)Walmartは複数の自動車メーカー・スタートアップと自動運転に関するパートナーシップを結んでいる。11月には、フロリダ州マイアミのWalmart店舗から、食品やパーソナルケア商品の配達をプロトタイプの自動運転車を用いて配達するため、PostmatesやFordと提携していた

また、アリゾナ州の店舗ではUdelvの自動運転型バンを試験的に導入しているし、加えて5億ドルを調達したばかりのNuroとテキサス州ヒューストンにて食料品配達の実証実験にも乗り出している。さらには、アーカンソー州BentonvilleではGatikと協力し、一部の店舗での自動運転車による配送サービスを実施している。

Cruiseはサンフランシスコにおけるフードバンクのドロップオフプログラムを除いては、多くの投資をしているわけではない。同社はScottsdaleとデトロイトの都市圏で実証実験を行っているが、実際の実験はサンフランシスコに集中している。Cruiseは当初の自動運転車30台から、2017年5月には130台にまで車両を増やし事業拡大を図っていた。現在の正確な車数は公表していないものの、カリフォルニア州のDMVには180台の自動運転車が登録されている。また、IEEE Spectrumが入手した資料によれば、Cruiseは300台以上の自動運転車を全米に整備させる計画を進めているという。

10月、Cruiseはカリフォルニア州自動車局(DMV)から、サンフランシスコの公道での自動運転車を用いたテストを可能とする許可を取得した。Cruiseは2015年から自動運転かつ有人での公道テストライセンスを同州から取得していたが、今回の新ライセンスにより指定される公道で無人での自動運転車のテスティングが最大5台まで可能となった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

始まる自動宅配:Walmartによる自動運転プログラム開始、GM支援先と協業(1/2)

SHARE:

GMの支援する自動運転スタートアップCruiseは、Walmartと自動運転を利用した配達パイロットプログラムのパートナーシップを結んだことを発表した。アリゾナ州ScottsdaleのWalmart店舗から顧客住宅まで宅配するもので、2021年を目途に開始される予定の同プログラムには、Cruise社のシボレー・ボルトモデルが採用される。 自動運転技術は既に輸送産業を大きく変えつつある。例えば、丸太…

GMの支援する自動運転スタートアップCruiseは、Walmartと自動運転を利用した配達パイロットプログラムのパートナーシップを結んだことを発表した。アリゾナ州ScottsdaleのWalmart店舗から顧客住宅まで宅配するもので、2021年を目途に開始される予定の同プログラムには、Cruise社のシボレー・ボルトモデルが採用される。

自動運転技術は既に輸送産業を大きく変えつつある。例えば、丸太や輸送用コンテナなどを自動で輸送可能とするシステムを開発するTuSimpleやEinrideは数千万ドルの資金調達を実施しているほか、コロナウイルスによるパンデミックが市場をさらに活性化するという意見もある。もちろん、自動運転技術については一般からの不信感をぬぐい切れてはいないものの、ドライバーと第三者との接触を限りなく最小限に抑えられるという面で期待する声が高まっているのは確かだ。

CruiseとWalmartは、パイロットプログラムに関する情報をいくつか公開している。まず、少なくとも一人のドライバーが自動運転車の車内に常駐することは明確に示した。また、プログラムが成功を収めた場合は、他の小売りとのパートナーシップによるオンデマンド型配送の実現を目指すとしている。同社は既に今年初め、DoorDashとサンフランシスコの一部顧客に対して食料品の配送テストを実施することも発表しており、小売りに加えデリバリーサービスとのコラボレーションも期待されている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録