BRIDGE

タグ 【Apple 5G戦略】

【Apple 5G戦略】5Gの先を見据えたAppleの戦略(5/5)

SHARE:

ウルトラワイドバンド(UWB)にWi-Fi、Bluetooth (※編集部注:この記事はAppleの発表会の直前に公開されたJeremy記者の考察コラムです) (前回からのつづき)iPhone 12発表会では、5GとA14 Bionic以外にもおそらくいくつか新機能の発表があることは予想できる。 ウルトラワイドバンド:2019年9月、アップルは謎の新しいU1チップをiPhone 11に実装し、詳細…

Appleの「Find My」アプリは近い将来、アクセサリーの追跡も可能になる・Image Credit: Jeremy Horwitz/VentureBeat

ウルトラワイドバンド(UWB)にWi-Fi、Bluetooth

(※編集部注:この記事はAppleの発表会の直前に公開されたJeremy記者の考察コラムです)

(前回からのつづき)iPhone 12発表会では、5GとA14 Bionic以外にもおそらくいくつか新機能の発表があることは予想できる。

ウルトラワイドバンド:2019年9月、アップルは謎の新しいU1チップをiPhone 11に実装し、詳細な位置情報提供に留まらず、将来的には「驚くべき」新機能へ繋がると説明していた。しかしそれ以降話題に上がることはなく、先月のApple Watch Series 6で久々に登場した。強いて言えば、iPhone 11でエアドロップを利用した際の転送リンクアップに役立っているくらいだろう。注目すべきなのは、U1は2020年に発表されたiPhone SE, iPad Pro、iPad Air、iPad、またApple Watch SEでは触れられておらず、Appleにとっての重要度が下がっていることだ。

そのため、U1はAppleの位置情報追跡機能を支えるために活用され、噂されるApple Tag・AirTagsなどで登場するのではないだろうか。同社ウェブサイトの「Hi, Speed」グラフィックはパック型のTagをベースとしているとの憶測も飛んでいる。

Wi-Fi 6E: AppleはiPhone 11でWi-Fi 6サポートを発表し、最新のiPadは同様の規格を採用、かつデュアルバンド(2.4GHz、5Ghz)にも対応している。その最新版となるWi-Fi 6Eは既に発表されており、特定地域でより速い接続を可能とするという。しかし、iPhone 12で採用となるかはまだ未定だが、Qualcomnが既にリリース済みなことを踏まえれば可能性はあるだろう。

Bluetooth 5.2:Wi-Fi 6Eと同じQualcomnチップには、最新のBluetooth 5.2が実装されており、LE Audioと呼ばれる新機能が追加されている。これは、バッテリー消費を抑え、従来の約半分の遅延クオリティーを実現している。こちらも、iPhone 12で実装されるかは未定だが、可能性は高いと言えるだろう。

5Gの先に

iPhone 12自体にはそこまで期待は高くないものの、AppleがiPhone 12を中心に一体どういった発表会を作り上げるのかにはとても興味がある。確かに5Gネットワークはそこまで完ぺきではないものの、デバイス自体の満足度は非常に高くなるのではないだろうか。とはいえ、今この時点で5Gデバイスを買う必要はあるのだろうか?という疑問が湧くのは当然だろう。

一方、iPhoneのようなブランドデバイスの場合、新機能はやはり大きなセールスポイントになる。

それを踏まえると、近年のAppleは将来のテクノロジー発展を踏まえた戦略を歩んでいるように思える。3D Touchや次のビッグウェーブのためのLidar、U1などがその典型例だろう。だからこそ、発表会では5Gが一般的になった世界でどういったソフトウェアやサービス体験を計画しているのかについて触れられることを期待している。

FaceTimeやAR、CPU、GPUs、ワイヤレスチップやカメラなどが5Gを通してさらに進化することは疑いの余地がない。現時点における課題は明確で、いったい誰が、そしてどのように5Gネットワークを大規模構築していくのかである。4Gより少々パフォーマンスが改善された5Gなど、だれも望んでいないのだから。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

【Apple 5G戦略】5Gよりも魅力的なもの:A14チップで世界最速スマホの座へ(4/5)

SHARE:

A14 Bionicチップ (前回からのつづき)Appleの最新チップは先月の新製品発表イベントTimeFliesの中で、フラッグシップ機のiPhoneではなくミドルレンジのiPad Airに最初に搭載されるという異例の形でデビューを果たしたが、私は「Hi、Speed」イベントで2度目の注目が集まることに期待をしている。 5Gのように住んでいる場所によって受けられる恩恵にムラがある可能性のあるもの…

AppleはA14チップをiPad Airでデビューさせた(Image Credit:Apple)

A14 Bionicチップ

(前回からのつづき)Appleの最新チップは先月の新製品発表イベントTimeFliesの中で、フラッグシップ機のiPhoneではなくミドルレンジのiPad Airに最初に搭載されるという異例の形でデビューを果たしたが、私は「Hi、Speed」イベントで2度目の注目が集まることに期待をしている。 5Gのように住んでいる場所によって受けられる恩恵にムラがある可能性のあるものと違い、A14 Bionicチップは、現在のAndroidフラッグシップ機に搭載されているQualcomm Snapdragon 8シリーズを超える優れた処理能力を世界中に提供してくれるはずだ。

早期に公開されたGeekbench5による新しいA14チップとiPhone11のA13Bionic、QualcommのSnapdragon865および865+チップのCPUパフォーマンスの比較結果が下記だ。

シングルコア: A14 1,593; A13 1,327; SD865+ 973; SD865 898

マルチコア: A14 4,198; A13 3,287; SD865+ 3,346; SD865 3,280

これらの数値は一見抽象的に見えるかもしれないが明確な結果を物語っている。一般的なアプリでのシングルコアエクスペリエンスは、Snapdragon 865+と比べA14の恩恵により64%近く高速化され、最も高い処理能力を要求されるアプリでは、Snapdragonシリーズ最速のチップよりA14の方がさらに25%以上もマルチコア処理の能力を発揮する。iPhoneに搭載されるA14チップがiPadAirのA14チップと同じものだと仮定するなら、Appleは実質的にiPad Proタブレットと同等のパフォーマンスをポケットサイズのデバイスにもにもたらしてくれる。

GeekbenchはAシリーズチップのグラフィックパフォーマンスも測定し、A13のスコア7,311に対してA14のスコアは12,571であると報告している。 前年比で72%もGPU性能は飛躍、平均スコアが約12,000であるiPadProのA12Zチップをわずかに上回るスコアだ。

言い換えれば、iPhone12シリーズはA14 BionicチップによってiPad Proと同等の処理能力を持つ世界最速のスマートフォンになり、MicrosoftのXbox One コンソールと概ね同等のグラフィックス機能も兼ね備える。この話題がズボンが燃える心配をせずにポケットにいれておけるデバイスについて話しているということを考えれば、5Gを取り巻く環境については忘れてしまえるほどに魅力的だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

【Apple 5G戦略】国によって異なる5G事情(3/5)

SHARE:

(前回からのつづき)恐ろしいことに5Gのユーザー体験は米国よりも国外の方がよいだろう。 今年初めにOpensignalが発表した5Gパフォーマンスに関する調査によれば、米国の5Gを取り巻く環境は他の国と比べ大きく遅れをとっており、5Gの下り速度は国内の一般的なWi-Fiの速度よりも遅くなっている。アメリカの5Gの下り速度の平均は52.3Mbps程度と見込まれているが、これは韓国の平均的な4G回線よ…

Photo by Pixabay from Pexels

(前回からのつづき)恐ろしいことに5Gのユーザー体験は米国よりも国外の方がよいだろう。 今年初めにOpensignalが発表した5Gパフォーマンスに関する調査によれば、米国の5Gを取り巻く環境は他の国と比べ大きく遅れをとっており、5Gの下り速度は国内の一般的なWi-Fiの速度よりも遅くなっている。アメリカの5Gの下り速度の平均は52.3Mbps程度と見込まれているが、これは韓国の平均的な4G回線よりも遅く、韓国及びサウジアラビアの平均的な5G回線の下り速度の20~25%程度だ。

さらに同Opensignalの調査によると、米国の5Gの下り速度は平均すると4Gのたった1.4倍の速さだが、14.3倍の速さとなる場所もあった — 概ね7倍弱程度となるのが最も一般的なようだ。 5Gインフラが未整備な国もまだ多く、米国の5G環境が最悪であるかは断言することができないが、少なくとも5Gがない場所よりもある場所の方が「変革的な」体験の提供へとはるかに近づいていることは確かである。

では一体なぜアメリカが5Gで遅れを取っているのか?米国以外の多くの国の通信キャリアは5Gのレイヤーケーキ(ロー/ミドル/ハイ バンドの3層構造)について苦悩する代わりに、このレイヤーケーキのミドル層をできるだけ多くの場所で利用できるよう適切にカバーエリアを広げていくことにフォーカスしている。 「Sub-6GHz」に対応している5Gのスマートフォンは、ローバンドおよびミドルバンドの5G基地局に接続でき、「Sub-6GHzおよびミリ波」に対応している5Gのスマートフォンであればさらに、ハイバンドの基地局にも接続することができるからだ。そのため現時点でAppleがiPhone 12 Proのみでサポート予定のミリ波対応ハードウェアから恩恵を受ける人はほとんどいない上に、このハイバンド層への接続に関する制約は何年にもわたり特に問題にならない可能性もあるだろう。

Appleの歴史上、これまでiPhoneのイベントでデバイスの実際のセルラーパフォーマンスについて議論することに多くの時間が費やされたことはなく、代わりに「ギガビット級LTEに対応」のような話題を取り上げて、それがどこで利用できるかに関わらず、その高速なパフォーマンスを語る傾向にあった。しかし、Appleが今回テクノロジーをどのように売り出すかに関係なく、5G対応は新しいiPhoneにおける重要な関心事であることは間違いない。AppleがIntelと決別し、代表的な5GチップメーカーであるQualcommとの法定闘争を終了させるのに十分値する程だ。

このイベントに「Hi,Speed」という名前を付けることで同社は、iPhoneの5Gパフォーマンスに関するトピックを取り上げ、ディスカッションと詳細な調査を行っている。 私からのアドバイスは、モデル、キャリア、国ごとの違いを含め、Appleが何を約束し、何を約束しないかという点に細心の注意を払うべきということだ。 iPhoneの人気により「Hi,Speed」イベントが5G時代の真の始まりになると何カ月も前から予測している人もいるが、Appleのやり方次第では、その大部分がまだ実現されていない約束についてを謳うだけの、誇大広告パレードをただ傍観するだけになってしまうだろう。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

【Apple 5G戦略】一貫性のない5G体験(2/5)

SHARE:

  5Gは宝の持ちぐされ (前からのつづき)ある同僚が昨日私に、実際のところ5Gデバイスを購入するとすぐに手に入るものは何なのか、そして、米国の通信事業者や地域の中に5Gを備えていると主張しているところはあるのかと尋ねてきた。5Gはその可能性を広く提供していると声を大にして言いたい。たとえば5G対応のスマートフォンを購入すれば動画のダウンロードは非常に高速になり、次世代の複合現実体験のス…

 

5Gは宝の持ちぐされ

(前からのつづき)ある同僚が昨日私に、実際のところ5Gデバイスを購入するとすぐに手に入るものは何なのか、そして、米国の通信事業者や地域の中に5Gを備えていると主張しているところはあるのかと尋ねてきた。5Gはその可能性を広く提供していると声を大にして言いたい。たとえば5G対応のスマートフォンを購入すれば動画のダウンロードは非常に高速になり、次世代の複合現実体験のスループットが最大限に大きくなる。ただし、地理的に小さな国中国の主要都市にいれば、だ。大ざっぱに言えばーー2020年10月にこんなことを言うのは残念だがーー期待は低めに持っておいたほうが良いだろう。

手短に言うとこうだ。

たとえ5G対応のスマートフォンを購入したとしても、近くの5G通信タワーに接続しないかぎり、次世代のダウンロードスピードの恩恵にあずかることはない。現時点ではそういったタワーの数は少なく、互いの距離が離れているため、期待よりも遅くなる。VerizonとAT&Tはミリ波のスモールセルをふんだんに使用して5Gサービスを開始したが、必要となるセルサイトが多すぎるために全国展開を一時中止した。その後方針を変え、既存の4Gタワーを4Gと5Gに分割することを決定した。その結果、特定の位置にあるごく小さな「5G+」ゾーン以外では、5Gのパフォーマンスが4Gよりもはるかに速くなることはないと経営幹部も率直に認めている。

T-Mobileが採用したアプローチはよりスマートだと思われる。同社はすでに、「ローバンド」の5Gの包括的なレイヤーで米国をカバーしており、その速度は位置によって大きく異なりはするが、4Gと同等または数倍速い。米国の都市や町の多くでSprintのネットワークからリソースを転用して、高速な「ミドルバンド」層の恩恵を受けている。一方でミリ波テクノロジーに基づいた最も高速な「ハイバンド」層を備えている地域もいくつかある。Appleの「Hi, Speed」のロゴは、T-Mobileが5Gへの「レイヤーケーキ」アプローチと呼んでいるこの戦略を示しているのかもしれない。

ただこのレイヤーケーキで問題なのは、米国のほとんどの人がミドルレイヤーや高速なレイヤーにアクセスできないどころか、ケーキを手に入れられないか、あるいは最下層のレイヤーを利用することになる、ということだ。

筆者が個人的に行ったテストでは、5Gはある街角では2Gbps近くのピークに達し他の街角では4Gよりも低速になり、複数の場所でアップロードが完全に停止した。現在、米国の5G事情を説明する言葉はただ一つ、「一貫性がない」だ。「一貫性はないが良い」とか「一貫性はないが素晴らしい」とも言えない。最近いくつかの地域のユーザーから寄せられている感想に表れているように、5Gがオフになっている場所では確実に動作するのかもしれない。(次へつづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

【Apple 5G戦略】5G体験は期待外れになるかも(1/5)

SHARE:

信じられないかもしれないが、私のここ数年は、Appleの「Hi, Speed」メディアイベントのための準備だったと言っても過言ではない。 私が5Gの研究を始めた頃はエンタープライズや消費者向けの5Gデバイスは存在せず、5Gセルラータワーもゼロだった。一方、複数の業界にまたがって話題は盛り上がっており、5Gは第4次産業革命の基礎であり、世界で最も変革的なワイヤレス技術であり、何でも数秒でダウンロード…

iPhone 12お披露目イベント「Hi, Speed」ロゴイメージ:Credit: Apple

信じられないかもしれないが、私のここ数年は、Appleの「Hi, Speed」メディアイベントのための準備だったと言っても過言ではない。

私が5Gの研究を始めた頃はエンタープライズや消費者向けの5Gデバイスは存在せず、5Gセルラータワーもゼロだった。一方、複数の業界にまたがって話題は盛り上がっており、5Gは第4次産業革命の基礎であり、世界で最も変革的なワイヤレス技術であり、何でも数秒でダウンロードできる、考えられないほど高速なスマートフォンのエンジンであると謳われてきていた。

しかし、今から10月13日(編集部注:日本時間では10月14日)までの間に何かが変わらない限り、多くの人が、いや、おそらくほとんどの人が、少なくとも当面の間は、最初の5GのiPhoneで真に変革的なスマートフォン体験を楽しむことはできないと考えている。これを不可解な通信キャリアの決定規制上の課題のせいにするかどうかはさておき、ネットワーク構築から向こう2年ぐらいは、初期の5G iPhoneの顧客はこれまで10年近く使用してきた4G以上のささやかな利点しか見えないかもしれない。

いや・・・、状況によっては、5G の体験が実際には 4G よりも悪いかもしれない。正直、このことを言うのは嫌なのだが、これまでの5Gのハンズオンテストでは断続的にその証拠を見てきてしまったのだ。結果、私はAppleがiPhoneイベントの「Hi, Speed」の名称を5Gだけに紐づけて語るのではないと見ている。

AppleはSnapdragonを上回るA14 Bionicプロセッサの高速化や、超広帯域測位技術、Wi-Fi、Bluetoothなどのワイヤレス技術の向上についても言及する可能性が高い。また、これを読んでいる他のジャーナリストについてはAppleの5G宣伝をそのまま受け売りする前に、いくつかの重要な事項を頭に入れておくべきだと考えている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】