BRIDGE

タグ 【Apple M1チップ】

Sillicon Mac:それでもやっぱり期待していたあの機能たち(4/4)

SHARE:

(前回からのつづき)AppleのグラフィックスにまつわるストーリーはCPUの話と似ている。Appleは、M1の統合GPUの5~6倍の高速化を約束して、Intelの統合グラフィックスチップを打ち負かしたかのように見える。しかしそもそもIntelの基本的なCore i3やi5のCPUのように、そのIris PlusとUHDグラフィックスは、必ずしも最先端というわけではなかったし、現行のPCが提供する最…

Image Credit : Apple

(前回からのつづき)AppleのグラフィックスにまつわるストーリーはCPUの話と似ている。Appleは、M1の統合GPUの5~6倍の高速化を約束して、Intelの統合グラフィックスチップを打ち負かしたかのように見える。しかしそもそもIntelの基本的なCore i3やi5のCPUのように、そのIris PlusとUHDグラフィックスは、必ずしも最先端というわけではなかったし、現行のPCが提供する最高のものでもない。だから、M1が公表している生のGPUの数値(※)は統合グラフィックスの基準では素晴らしいものだと思うが、現時点でハイエンドのMacやPCはどちらもIntelの統合グラフィックスには依存していない。

(※毎秒41ギガピクセル、毎秒82ギガテクセル、処理能力の2.6テラフロップス、および128実行単位というピーク時理論値は、Intelが新たに出したIris Xe Maxグラフィックスチップが公表する毎秒39.6ギガピクセル、毎秒79.2ギガテクセル、FP32性能の2.5テラフロップス、および96実行単位よりもわずかに高い)

改めて伝えるが、Intelの数値は10ナノメートル・プロセッサの話で、AppleのものはCPUと同じチップパッケージ内にある5ナノメートルのGPUの話だ。IntelはIris Xe Maxを軽量の主力ノートブックに投入するかもしれないが、Appleのソリューションは同時により力強く、かなり小さく、そして電力消費は少ない。

M1のMacがIntel製のマシンと変わらないと文句を言うのは簡単だ。

本当の問題は、6月にSrouji氏が言及した「カスタムテクノロジー」にもかかわらず、iPadやiPhoneをそれぞれの領域でトップ・ティアにしてきた大きな機能を、Macには持ってこなかったことの方が大きい。直観的なマルチタッチディスプレイ、先進的な写真やビデオ、ポートレートカメラ、もしくはこれまでにない軽さと薄さを持ったボディ。

少なくとも2年という準備の後、Appleは以前のIntel Macと同じようなM1 Macを立ち上げたのだ。唯一の違いは内部に異なるチップを持つ、という点だけだ。現時点でどうやらAppleはコンピューターのパフォーマンスの底上げに焦点を当てているらしい。

1日で3台の最も手頃な価格のコンピュータを入れ替え、そのうちの1台については価格を下げたAppleは、このホリデーシーズンにM1ベースのMacを難なく売り上げるだろう。過去10年間にAppleに期待してきた中でも安全で、かつ予測可能な結果であり、最終的にはウォール街を満足させる結果となるに違いない。

しかし、だ。残念なことに、ユーザーに向けたMacのイノベーションは2021年以降まで待たねばならない。

チップメーカーやデバイスメーカーのライバルであるQualcommSamsungLenovoなどは、最新のMacをリーダーではなく、遅れてるかのように見せる新機能を搭載したARMベースのPCを発表する機会を再び得た。

Appleは超低消費電力チップでリードしてきたかもしれない。しかし過去15年間のIntel Macの歴史は、PCの世界でシェアを獲得するためには、ワットあたりの性能やクロック速度の高速化だけでは、ユーザーがより汎用性の高い便利なデバイスを使い続けるのに十分ではない、ということを証明している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Sillicon Mac:「M1」チップ移行で広がる可能性(3/4)

SHARE:

(前回からのつづき)M1はIntelのCPUに取って代わるが、変更点はCPUだけではない。話を6月に戻すとAppleのチップリーダーJohny Srouji氏はIntelからAppleの独自チップに移行することで、MacがIntelのCPUでは実現できなかった「多くのカスタムテクノロジー」にアクセスできるようになるだろうと述べている。 Appleが何年もかけてiPhoneとiPadのチップ開発を完…

Image Credit : Apple

(前回からのつづき)M1はIntelのCPUに取って代わるが、変更点はCPUだけではない。話を6月に戻すとAppleのチップリーダーJohny Srouji氏はIntelからAppleの独自チップに移行することで、MacがIntelのCPUでは実現できなかった「多くのカスタムテクノロジー」にアクセスできるようになるだろうと述べている。

Appleが何年もかけてiPhoneとiPadのチップ開発を完成させた技術(ARMベースのMacのプロトタイプを作成したのは言うまでもないだろう)によって、M1搭載Macはもっと良いものにとどまらず、異なるものになっていたかもしれない。 Appleが6月にM1について約束したリストを見た上で、現実には何が起こったのか自分で判断してほしい。

  • 「クラス最高セキュリティ」のためのセキュアエンクレーブ。 iPhoneとiPadに既に何年も前から搭載されていおり、M1用の新しいバージョンがあることを明らかにしたが、具体的な点については言及しなかった。
  • プロフェッショナルなアプリとゲームの両方に適した、すべてのMacで「まったく新しいレベルのグラフィックパフォーマンス」を実現する高性能GPU。 CPU設計と同様に、M1はローエンドのMacのGPUパフォーマンスを向上させるが、Mac全体での新たなスタンダードとなるほどのものではない。
  • 機械学習用のニューラルエンジン。 Appleの16コアニューラルエンジンは、既に紹介したA14 Bionicで導入されたものと同じように見えるかもしれないが11TOPS(Tera Operations Per Second)のパフォーマンスが約束されている。
  • Macの画面パフォーマンスを向上させる可能性のあるビデオディスプレイエンジン。 Appleはこの話題ではM1の機能についてほぼ一切言及していない。
  • カメラの性能を向上させる画像処理エンジン。 Appleは、MacBookのFaceTimeカメラのノイズリダクションと演色性の改善を約束しながらも、エンジンが存在することと「超高速」であることを述べたけだけであった。

リストからは1つの項目が抜け落ちている。 M1の発表中にSrouji氏は、間違いなくマシンを高速化し消費電力を削減するチップのユニファイドメモリアーキテクチャについて重要なことを話した。これはMacにとって些細なことではなく一歩前進ではあるが、既存の個別半導体チップを複数組み合わせる(モデムを思い浮かべると分かりやすい)ことが今後数年間続くだけにすぎず「すべてを高速化する」ことは明らかにユーザー向けの新機能とはいえない。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Sillicon Mac:「M1」チップの正体(2/4)

SHARE:

(前回からのつづき)Appleはこれら3つの新Macについて、従来のIntelマシンの約3倍の速さだとして売り込んでいるが、この重要な数字には巧妙なマーケティングトリックが使われている。 近年、同社はスペックが著しく低いCPUを積んだ初心者向けのMacを提供し始めた。たとえば以前のIntel MacBook AirやMac miniのチップはCore i3からとなっており、一方でMacBook P…

Image Credit : Apple

(前回からのつづき)Appleはこれら3つの新Macについて、従来のIntelマシンの約3倍の速さだとして売り込んでいるが、この重要な数字には巧妙なマーケティングトリックが使われている。

近年、同社はスペックが著しく低いCPUを積んだ初心者向けのMacを提供し始めた。たとえば以前のIntel MacBook AirやMac miniのチップはCore i3からとなっており、一方でMacBook Proは1.4GHz Core i5だった。数年かけてAppleが計画していたM1とIntelを比較する際に、M1のパフォーマンスのベンチマークをIntelの最速チップと比較してマーケティングする必要はなく、代わりに最も弱いいくつかのチップに焦点を当てているのだ。

さらに、M1のパフォーマンスレベルは全く驚くべきものではなかった。信頼できる噂によると、M1は事実上、名前を変えたA14Xだと言われているーーA14XはすでにiPhone 12とiPad Airに搭載されているA14 Bionicチップの次作であり、まだ未発表だ。

これは通常どおり行けば次世代のiPad Proに搭載される。9月に発売されたA14は5ナノメートル製造プロセスと118億個のトランジスタを備えている。2カ月後に発表されたM1は同じく5ナノメートルプロセスに160億個のトランジスタを使用している。これはAppleが2年前に7ナノメートルのA12とA12Xチップで行ったのと同様の変更となっている。

AppleはM1の高性能CPUコアを「世界最速」と主張しており、他の低速チップコアと比較してこのことが正しいと信じる理由はたくさんある。とは言え、Appleはチップの全体的なパフォーマンスを「昨年販売されたラップトップPCの98%よりも速い」と謳っている。これはパフォーマンスに関しては売上高よりもソフトな指標だ。

安価で低性能なマシンは、高価でパフォーマンスが非常に高いものよりも多く売れる傾向があるため、90%のラップトップが500ドル未満で売られているとすれば、Appleのコンピューターの方が優れた性能で2倍の価格で販売されても不思議ではないだろう。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Sillicon Mac:石橋を叩いて渡るApple、初の「M1」チップ搭載Macを振り返る(1/4)

SHARE:

ようやくAppleの3つ目にして最後の秋のメディアイベントの幕が降り、毎年恒例となったiPhone、Apple Watch、iPad、Macのすべてのリフレッシュが完了した。 今年は5G搭載の4つのiPhone 12モデルのデビュー、Appleが開発したM1プロセッサを初めて搭載したMacがトップラインを占めることとなった。しかし、Appleの新しいチップやデザインがもたらす秘めたる興奮にもかかわ…

Appleの新しいM1ベースのMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniは、それらを置き換えるローエンド機とほぼ同だ。速くなったこと以外は(Image Credit : Apple)

ようやくAppleの3つ目にして最後の秋のメディアイベントの幕が降り、毎年恒例となったiPhone、Apple Watch、iPad、Macのすべてのリフレッシュが完了した。

今年は5G搭載の4つのiPhone 12モデルのデビュー、Appleが開発したM1プロセッサを初めて搭載したMacがトップラインを占めることとなった。しかし、Appleの新しいチップやデザインがもたらす秘めたる興奮にもかかわらず、新製品のほとんどはよく似たような感じ安心感はあるものの、予想以上に退屈なものに終わってしまった。

結果的に新機能を1つだけ加えただけ、もしくは機能がなくなってしまったApple Watch、基本的にはただの古いiPad、大型化したけどバッテリーライフが短く予測不可能なパフォーマンスを発揮するiPhoneなどを経て、今週はMacのお出まし、という流れだった。

Appleは、独自開発したCPUを搭載した初のMacを発表するという約束を果たしたのだが、恐らく多くのウォッチャーは旧型マシンに速いプロセッサを搭載するだけでなく、ARMベースのチップがAppleのコンピュータを再定義することを期待していたはずだ。

つまり今週のイベントは、MacプラットフォームにとってタッチスクリーンやFace IDカメラ、あるいはiPhone・iPadにインスパイアされた革新的な技術を長年低迷しているラップトップやデスクトップに導入し、競争の激しいPCの世界の中でMacを改めてポジショニングする、大きな変革のチャンスだったのだ。

なのに、だ。

新しいM1 Macの3機種はすべて同じチップを搭載していて、実質的にはすべてエントリーレベルのモデルで、昨年のモデルと同じだった。いや、確かに速くはなったな。ある意味では。

技術的にはコンシューマ向けの「Air」とプロフェッショナル向けの「Pro」のMacBookノートパソコン、コンシューマ向けとプロフェッショナル向けのラインをまたいだ「mini」デスクトップMacを選ぶことができるのだが、これらは同じCPUを搭載している。

それぞれのM1マシンには2つのUSB-Cポートと最大16GBのRAMしかなく、驚くべきことにAppleは「Pro」ユーザーに余分なポートとメモリの選択肢を残すために、古いIntel CPUベースのモデルをラインナップに加えた。これは、まさにAppleのチップがまだ完全に2020年後半の時点でIntelのものを置き換える準備ができていないことを示す微妙な兆候と言えよう。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】